欅坂46黒い羊の歌詞の意味が深い!サビ「全部僕のせいだ」の解釈は?

2019年1月21日(月)

欅坂46の8th『黒い羊』22時から

『SCHOOL OF LOCK』

の放送にて、初めてフルオンエアが解禁されました!!

何かと注目と話題を集めているこの『黒い羊』

今回はこの黒い羊の歌詞の意味やどんなメッセージが含まれているの

かについて書いていきたい思います。

『黒い羊』関連記事Ⅰ【欅坂新曲】黒い羊の意味は?センターは平手友梨奈が濃厚・・!?!?

『黒い羊』関連記事Ⅱ【黒い羊】微妙という声も続出!?平手友梨奈(てち)の負担が心配!

欅坂46【黒い羊】歌詞の意味(メッセージ)が深い!

『黒い羊』曲

欅坂46 8thシングル『黒い羊』歌詞

欅坂46『黒い羊』作詞:秋元康 作曲:

歌詞の意味(メッセージ)は・・!?

①平手友梨奈の欅坂46センターとして現状とそれを打破して大きく成長してほしいという思いを込めた歌詞

②平手友梨奈を通じて現代日本に生きる私達自身を象徴している歌詞

③平成最後の今のこの日本の社会を象徴している歌詞

出るくいは打たれる社会・・

夢や目標を持って生きる者の足を引っ張る風潮がある社会・・

いい学校を出て、いい会社に入って、いい定年退職を送ることが常識の社会・・

そんな時代はとっくに終わっていて、そのことに気づいて動いた者が勝つ社会!

それに早く気づいて欲しいもどかしさ・・

それを象徴するのが

黒い羊!!

若者たち(平手友梨奈)よ自分でよく考え!よく行動し!自分の信じた道を切り開け!そして、進め!

今までまかり通っていた常識を打ち破れ!

でも、その常識とは大多数の人が信じているもの

とても強く大きな壁であり、困難な道のりでもある!!

でも、負けないで!!諦めないで!!信じた道を進んでいけ!!!

そんなようなことを秋元康さんは訴えているのではないでしょうか・・

【黒い羊】サビ「全部僕のせいだ」の解釈は?

「全部僕のせいだ」は前へ進みたいが進めない葛藤と責任感の表現したもの・・


欅坂46『黒い羊』作詞:秋元康、作曲:

No No No No 全部僕のせいだ


人生の中でうまくいかないことばかり・・

でも、自分の意志や思いを貫きたい・・

いや、でも、その行動は周りをかき乱してしまいそう・・

考えれば考えるほどおかしくなりそう・・

間違ったことをしているわけでもないのにアンチが邪魔をする・・

だからといって、私は私であり、変えるつもりもない・・

そんな、平手友梨奈の葛藤の気持ちや欅坂46の絶対的エースとしての責任感を表現しているように思いました・・

「全部僕のせいだ」に心打たれるファンが続出!!

みなさんはこの『黒い羊』の歌詞の意味や解釈を

どのように思われましたか・・

まとめ

何か一つのものごとに対して思うことは人それぞれ・・

何が正しいとかなんでわからない・・

だから、人ってむずかしいし、おもしろい・・

以上、『欅坂46【黒い羊】歌詞の意味?サビ「全部僕のせいだ」の解釈は・・!?』でした!!

コメントを残す