エンタメ

【画像】TBSやらせ番組多いのはなぜ?クレイジージャーニー加藤英明が可哀想!

スポンサーリンク

2019年9月11日(水)非常にショッキングなニュースが入ってきました。

TBS人気番組『クレイジージャーニー』超人気コーナー爬虫類ハンター加藤英明さんの放送回で何度かやらせがあったというニュースです。

そこで今回は『【画像】TBSやらせ番組多いのはなぜ?クレイジージャーニー加藤英明が可哀想!』について記事を書いていきたいと思います。

あわせて読みたい!

 ↓  ↓  ↓

【画像】加藤英明はかっこいいし可愛い?爬虫類ハンター伝説の動画ベスト10!

スポンサーリンク

【画像】TBSやらせ番組多いのはなぜ?

爬虫類ハンター加藤英明

TBSテレビでやらせ番組が多い理由としては

  1. 公共放送で高い視聴率を維持させるため
  2. 現場スタッフと制作トップとの意見の食い違い
  3. 単純にネタ切れ

①公共放送で高い視聴率を維持させるため

最近ではテレビ離れがすすんでいるためです。どこのキー局でも高い視聴率を維持することが非常に難しくなっています。

その理由としてはスマホやインターネットテレビ、YouTubeなどで動画をどこでも観られるようになったからです。

ひと昔前はテレビでなければ情報や娯楽が見られないのが当たり前でした。

今は外出先でもどこでもテレビなくても娯楽を楽しんだり情報収集したりできます。

そのため、まじめな番組よりも数字の取れる番組が重視されて、ヤラセに走ってしまうのではないでしょうか。

②現場スタッフと制作トップとの意見の食い違い

現場スタッフがやりたいこともトップの意向によって変更せざるを得ない状況。その結果、数字第一主義がやらせに走らざる状況をつくってしまっているのではないでしょうか。

2019年8月28日には文春オンラインさんより、

「クレイジージャーニー」“仕掛人”が暴行で出勤停止、異動へ」

その理由が

「今年4月頃、AさんはTBS本社の隣にあるビルの編集スタジオで暴力沙汰を起こしたのです。

番組のテロップを入れる編集作業に不手際があったとかで激高した彼は、そのADの胸倉をつかみ、振り回したそうです。

その拍子に壁にぶつかって相手が流血する怪我を負わせてしまった」(事情を知るTBS関係者)

という証言があるからです。

③単純にネタ切れ

ここ最近は民放テレビ以外でもスマホやインターネットテレビ、YouTubeなど多くの動画で面白いものや企画をみることが出来ます。

しかも、スピード感が半端ないです。

民放テレビでおもしろ動画を放送しても、たいがいはすでにスマホを使った投稿動画などで見たものばかりです。

ネタ切れになっても仕方ないようにも思えます。

そして、その結果、今回のような超人気番組『クレイジージャーニー』やらせにつながってしまったのではないでしょうか・・

最近のTBSでのやらせ番組

TBSテレビでは「消えた天才」8月11日の放送回でもやらせがありました。

リトルリーグの試合でピッチャーが投げたボールをスピードが速く見えるように映像を早回し加工をしたというものです。

今回の『クレイジージャーニー』では8月14日放送の2時間スペシャルでやらせが起きました。

なんと、事前に生物を仕込んでおいて、それをあたかも本当に加藤英明さんがガチで捕まえたように撮影されていたのです。

実際にニュースになった記事をみていきましょう。

 TBSは11日、紀行バラエティー番組「クレイジージャーニー」で、爬虫類の専門家が珍しい生物を捕獲するのに同行取材する企画で、やらせがあったことを明らかにした。

スタッフが生物を事前に準備しながら、あたかもその場で発見したかのように撮影していた。番組は調査が終わるまで休止する。

 

 TBSによると、8月14日に特番と通常枠で放送したメキシコで生物を捕獲する回で、紹介した6種類中4種類が準備したものだった。

専門家が生息域を捜索しても発見できなかったため、スタッフが現地の協力者に頼んで捕獲しておいてもらった生物を放ち、撮影したという。

引用:https://www.chunichi.co.jp/s/article/2019091101001713.html

スポンサーリンク

用意された4種類の生物は?

  1. メキシコサラマンダー
  2. アリゲータートカゲ
  3. メキシコドクトカゲ
  4. ヘルメットイグアナ

の4種類だそうです。

その背景は

「①メキシコサラマンダー:現地協力者が湖で事前に捕獲した個体をネットの籠に入れ、同じ湖に放ちました。」

「②アリゲータートカゲ:地面に数センチの穴を掘って、事前に捕獲した個体を放ちました。」

「③メキシコドクトカゲ:現地協力者が個体を岩の下に放ちました。」

「④ヘルメットイグアナ:取材した大学にお借りし、大学施設内の生息可能性のある場所に放ちました。」

とのことでした。

なんだか、爬虫類ハンター加藤さんが真剣にさがして捕獲したときの笑顔が素敵すぎただけにとても残念でなりません。

スポンサーリンク

クレイジージャーニー加藤英明さんが可哀想!

爬虫類ハンター加藤英明

また、『クレイジージャーニーSP』8月14日放送会だけでなく、

過去10回の放送の中でも26種類の生物のうち、11種類が事前に準備をしていたやらせだったそうです。

また、調査は引き続き行う予定で「過去10回の放送で捕獲した生物のうち、26種類は捜索中に実際に発見し捕獲したものですが、

11種類は事前に準備していたものであることが現時点で判明しています」

と説明し「また番組スタッフは、現地の協力者が個体を捕まえた場所に、ロケ当日か前日に個体を戻してもらうことを依頼し、ロケ本番時その場所で捜索、捕獲していたということです」と報告した。

その11種類の生物は

2017年2月9日 マダガスカル前半 ヘサキリクガメ

2017年2月9日 マダガスカル前半 ヘサキリクガメ

2017年 2月16日 マダガスカル後半 ラボードカメレオン

2017年8月16日 カメルーン(ゴールデンSP)ゴライアスガエル、ニシアフリカコビトワニ

2018年8月8日キューバ(ゴールデンSP/同日レギュラー枠)ヒメボア、キューバボア、フトヒゲカメレオンモドキ

2019年2月6日 南アフリカ前半 アフリカウシガエル、タマゴヘビ、パフアダー

2019年2月13日 南アフリカ後半 ノドジロオオトカゲ
と発表されている。

引用:スポニチ

スポンサーリンク

やらせに対してネット上の反応は?

> クレイジージャーニーやらせか…。
加藤先生は事前に知らなかったらしい。
加藤先生のあのガチ具合は事前に知っててできるもんじゃないから加藤先生は巻き込まれたんだな…。
あれいい番組だと思うから終わらないでほしいな。

> クレイジージャーニー。
やらせとか言わんと。
フィクションですやん。
オモロかったらよろしいやん。もうオモロイ番組無くなるやん。
仕込んでましたけど何か??問題でも??
ということでええんちゃうの。

> クレイジージャーニー。やらせ。
少年のようにキラキラと目を輝かせて、危険を顧みずターゲットに向かっていく加藤先生が巻き込まれていたなんて。気の毒すぎる

> TBSやらせばっかりやな
( ˘•ω•˘ ).。oஇ

>TBSとかいうやらせ放送局…1ヶ月経たないうちに2つもやらせ見つかるとか他にもあるやろこれ

スポンサーリンク

まとめ

『クレイジージャーニー』一日でも早く放送を再開して頂きたいです。

爬虫類ハンター加藤先生のガチで爬虫類をハントしたときの笑顔を見たいですね。

以上、『【画像】TBSやらせ番組多いのはなぜ?クレイジージャーニー加藤英明が可哀想!』でした。

最後まで読んで頂きどうもありがとうございました。

あわせて読みたい!

 ↓  ↓  ↓

【画像】加藤英明はかっこいいし可愛い?爬虫類ハンター伝説の動画ベスト10!