エンタメ

【動画】ギターがすごい田渕ひさ子のwiki経歴は?椎名林檎と初共演?

スポンサーリンク

2019年11月22日(金)『ミュージックステーション2時間SP』が放送されました。

そんな中、椎名林檎さんのギターに田渕ひさ子さんが入っていたことがネット上ではとても話題になっているようです。

そこで今回は『【動画】ギターがすごい田渕ひさ子のwiki経歴は?椎名林檎と初共演!』について記事を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

【動画】ギターがすごい田渕ひさ子のwiki経歴は?

田渕ひさ子wiki風プロフィール

田渕ひさ子
  • 名前:田渕ひさ子
  • 愛称:チャコ
  • 生年月日:1975年12月9日
  • 出身地:福岡県福岡市
  • 学歴:福岡市立福岡女子高等学校

田渕ひさ子~経歴~

福岡市立福岡女子高等学校卒業。高校時代の同級生にクラムボンの原田郁子がいた。中学1年生の時に、兄のガットギターを手にした。ガールズバンドでギターを弾き続け、コズミック・チェリーというバンドでTEEN’S MUSIC FESTIVALに出場し、会場の照明担当であった中尾憲太郎やバンドで出場していた椎名林檎と出会った。高校の被服科を卒業した後は縫製工場で働き、ナンバーガール結成後もしばらく勤務していた。

1995年にロックバンド・ナンバーガールに加入、ギターパートを担当。

2000年、椎名林檎によるバンド、発育ステータスに参加。ギターパートを担当したほか、椎名のマキシシングル「ギブス」の収録曲「Σ」にもゲスト参加。

2002年11月、ナンバーガールが解散。同年12月、田渕の構想によるバンドtoddleを結成し、ボーカルとギターを担当、作詞作曲も行う。toddleのアルバム『I dedicate D chord』のジャケットの刺繍の製作にも携わる。

2003年、bloodthirsty butchersや小谷美紗子のバンド「odani misako・ta-ta」にギターで参加。

2009年、高井俊輔のアルバム「フレッシュでクールでキュートでクラッシュなジーパンでデジャヴュ」の楽曲においてリードギターを担当。

2010年3月18日、吉祥寺の銭湯「弁天湯」にて行われたイベント「風呂ロックvol.20」において、自身初となるソロ公演を行う。アンコールでは対バンの後藤まりこ(ミドリ)とナンバーガールの「透明少女」をセッションし、終了後のブログに「(透明少女は)弾き語ってみたら、改めて良い曲だと思った」と記した[5]。

2011年、フルカワミキによるバンド、LAMAにギター・コーラスで参加。

クラムボン、Chappieの楽曲にもゲスト参加している。ライブではジーンズが多いが、ナンバーガールの「URBAN GUITAR SAYONARA」、「CIBICCOさん」のPVでは袴のようなスカート姿で登場している。

【動画】田渕ひさ子のギターがすごすぎる!

スポンサーリンク

【動画】田渕ひさ子が椎名林檎と初共演?

スポンサーリンク

ネット上の反応は?

スポンサーリンク

まとめ

今回は

①ギターがすごい田渕ひさ子のwiki経歴

②田渕ひさ子と椎名林檎が初共演!

についてまとめてみました。

Mステ今回は田渕ひさ子さんのギターがとにかくすごかったですね!

以上、『ギターがすごい田渕ひさ子のwiki経歴は?椎名林檎と初共演!』でした。

最後まで読んで頂きどうもありがとうございました。