エンタメ

2019流行語大賞は上級国民の忖度?Oneteam聞いたことないと話題に!

スポンサーリンク

2019年12月2日(月)夕方、『新語・流行語大賞』2019“年間大賞”「ONE TEAM」に決定したというニュースが入りました。

ネット上では聞いたことない!はやっていないなどという声が多くあがっていました。

そこで今回は『『新語・流行語大賞』2019“年間大賞”「ONE TEAM」に決定』についてリサーチしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

2019流行語大賞は上級国民の忖度?

2019年 「新語・流行語大賞」トップ10

「新語・流行語大賞」の年間大賞はラグビー日本代表チームの「ONE TEAM」になりました。

1位から10位の結果はこちら ⬇ ⬇ ⬇

  1. 「ONE TEAM」
  2. 「計画運休」
  3. 「軽減税率」
  4. 「スマイリングシンデレラ/しぶこ」
  5. 「タピる」「華恋さんと奈緒さん」
  6. 「#KuToo」
  7. 「◯◯ペイ」
  8. 「免許返納」
  9. 「闇営業」
  10. 「令和」

2019年の流行語大賞には『ONE TEAM』が選ばれました。

その大賞に疑問の声も多く上がっています。

「上級国民」が“落選”したことに「どう考えても上級国民だろ」などと異を唱える投稿がツイッターで相次ぎ、「日本のトレンド」となった。

今年もっともネット上で騒がれたのは『上級国民』でした。

この上級国民という言葉が生まれた背景には2109年4月に起きた池袋で元院長の飯塚幸三さんが重大な人身事故を起こしたにも関わらず逮捕されなかったからです。

「2019ユーキャン新語・流行語大賞」の発表を受け、トップテンの選に漏れた「上級国民」が2日、ツイッターのトレンドワードになった。

 今年4月に東京・池袋で87歳の男性ドライバーが車を暴走させて通行人を次々とはね、母親と幼い娘の2人が亡くなり、10人が負傷した。

だが、この男性は逮捕されず、後に旧通産省工業技術院の元院長で勲章も授与されていたことが判明。

そこから「上級国民だから逮捕されない」という投稿がSNS等で拡散し、「上級国民」というネットスラングが広まった

 

ツイッター上では

流行語大賞、多方面に忖度しまくってんのか知らんけどほとんどの人がONE TEAM って言葉を知らないのに流行してますヅラするのやめて欲しいわあ…… 絶対上級国民とかの方が認知されてんだわ……

やっぱりそうなんだ(笑) 支持・不支持に関係なく、今年は間違いなく「NHKをぶっ壊す!」がインパクトありましたよね〜。 ネットを見ない私の母や友達も「NHKをぶっ壊す♪」がお気に入りだし、流行語大賞に入ってないのおかしいって言ってました(笑) 忖度ばかりの流行語大賞なんてなくせば良いのにね。

ネットでも話題になっているが、流行語大賞で「NHKをぶっ壊す」がノミネートされてないのは流石におかしい。マスゴミ業界への忖度そのもので流行語大賞は無価値となった。「NHKをぶっ壊す」は大賞受賞でもおかしくない。

ユーキャンの流行語大賞忖度ばかりなのがバレてるからなあ
流行語大賞で初めて聞く言葉が毎年ある
そろそろ話題にもならなくなるだろうね ・・

数年前の流行語大賞「日本死ね」もおそらく選考委員がねじ込んで、民主党議員に忖度した選考委員達がベスト10に選んだのでしょう。流行語でもなんでもなく、日本に対するヘイト発言が流行語とは流行語大賞の選考委員の方々はその資格を返上なさったほうがいいのでは?っと当時憤りを感じておりました

スポンサーリンク

2019流行語大賞『One team』聞いたことないと話題に!

聞いたことない! 2019流行語大賞 「NHKをぶっ壊す」が抹殺され『ONE TEAM』が年間大賞→批判殺到

どういう基準で決めてるのかわかんないけど一度も聞いたことない言葉が流行語大賞とってて草。 上級国民来るかと思ったけど来なかったね。

流行語大賞、、ほんまに聞いたことないんやけど私結構やばいんかな。

新語・流行語大賞 年間大賞は「ONE TEAM」
なにそれ聞いたことないわ。 意地でも「れいわ新選組」って言いたくないのね。 #れいわ新選組

スポンサーリンク

本物の2019流行語大賞トップ10はこれだ!

多くのネットユーザーのみなさんがおっしゃっているように

『上級国民』『NHKをぶっ壊せ!』『れいわ新撰組』は入れてほしかったですね!

というより、なぜ、はいらないんだ!!って感じですよね。

やはり、ネットでの情報収集が当たり前になった現在、

ユーキャン流行語大賞では無理があるように感じます。

これからは全員と言わないまでも、一人でも多くの国民のみなさんが納得できるような流行語大賞になるといいですね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は2019年新語・流行語大賞についてリサーチをしていきました。

たしかに良い言葉もありますが、もっとインパクトの強い言葉があったのはたしかです。

来年以降はGoogle検索ワードから選ぶのもありと言えばありですね。

以上、『2019流行語大賞は上級国民の忖度?Oneteam聞いたことないと話題に!』でした。

最後まで読んで頂きどうもありがとうございました。