エンタメ

【衝撃】テラハの嘘を現役スタッフが告白!キスボーナス5万円って何?

2020年5月27日(水)恋愛リアリティー番組『テラスハウス』で女子プロレスラー木村花さん(享年22歳)が大切な命を落とされました。

番組冒頭では『用意したのは素敵なお家と素敵な車だけです。台本は一切ございません』と言っているのですが実際な違ったようです。

そこで今回は『【衝撃】テラハの嘘を現役スタッフが告白!制作側に対してネット大炎上!』

についてリサーチしていきたいと思います。

スポンサーリンク

【衝撃】テラハの嘘を現役スタッフが告白!

「確かに台本はありません。でも、ストーリーはこちらで作っていました」

と現役スタッフの1人の方が告白をされました。

恋愛リアリティとリアルなはずなのに、テイク2、テイク3があったのです。

しかも驚いたことに毎日生活をしながら、それぞれが仕事に行っていたとずっと信じていたのですがそれも嘘でした。

実際は週に2、3日集まって撮影をするだけ

だったそうです。

撮影の流れも決まっていました。

出演されているメンバーが揃ったら撮影前に『どんな設定でどんな方向に恋愛を動かしていくのか』という説明を最初に受ける。

制作者から出演者に伝えてはじめて、

「今回はこの人と肩を寄せ合うんだな」

「この人と本音で語り合うのか」

ということを知るわけです。

それをもとに撮影をしているので、うまくいかなかった場合はテイク2,テイク3まで撮影することもあったそうです。

スポンサーリンク

テラハのキスボーナス5万円って何?

報酬制度

さらに驚いたのが元スタッフによる証言。

その方がスタッフを現役でされていた頃は

キスをしたら5万円ほどのボーナスがあった

そうなのです。

それって完全にヤラせじゃんって思ってしまいますね。

現在はボーナスを渡さなくても自然にキスをするようになったり、ディレクターの指示に素直に従うようになったから報酬制度がなくなったとか・・

それでもこの事実を聞いた視聴者やファンのみなさんは本当にがっかりだと思います。

スポンサーリンク

衝突シーンは制作側の意図?

これまでのテラスハウスはキラキラしたトキメキ重視の演出でしたが、

今シーズンから泥臭い人間模様を重視するスタイルに変更。

そのため、コスチューム事件が3月末にネット配信された時点で大炎上下のにもかかわらず、5月18日に地上波でも同じ内容が放送されました。

それは泥臭い人間模様のシーンがSNSで大炎上して、結果、話題性が高まり視聴率がとれるという制作側の考えではないでしょうか。

さらに5月19日には未公開映像まで公開されたことでプロレスラー木村花さんが一方的に悪者扱いというような感じになり誹謗中傷により最悪の結果になったのではないでしょうか。

ヤバい女性スタッフ

今回に限らず現場には圧倒的な権力を持つ女性スタッフがいるようです。

その人に嫌われると出演シーンが減る

おいしい指示が来なくなる

そういったことが原因でストレスとなり卒業していったメンバーもいたそうです。

有名になるためにテラスハウスに応募してくるのにこの事実が本当ならば、これではやっていられないって思ってしまいますね。

テラハ制作者側に対してネット大炎上!

以下、ヤフーコメントより抜粋いたしました。

多くの人が今回のテラハの件に関して制作側(フジテレビ)がなんのアクションも起こしてこないことに対して批判殺到しています。

この話が真実だとしたら、まだまだ誤解している人がたくさんいると思う。

製作側は誠意を持って、台本があり指示でしたと謝罪して弔ってほしい。

クソみたいなプライドに憚れないことを祈る。

これからの若者の命がなくなってるんだよね。若いアイドルの子にしてもそうだけど、心のケアやフォローをちゃんとしてあげないと。誹謗中傷に気づいていたなら、制作者側にも責任があると思う。どうして、守ってあげなかったんだろう。

たとえば女優の片平なぎささんはスチュワーデス物語に出演していたときに
街中で石を投げられたことがあると仰っていた。
それが完全創作によるキャラクターでもそれが
=その人の本質であると捉えられてしまうことは多い。

今は昔と違い視聴者が簡単に良くも悪くも自分の意見を言えるようになっている。
つまり制作側は出演者を悪意から守るスキルを身につけないといけない。
そうでなければ第2第3の木村さんが現れかねない。
法の整備がどれだけ期待できるのか分からないが、
それができないのなら無責任な番組は作るべきではない。

ついに内部告発も出ましたね。最悪です。シナリオがあるのは周知の事実でしょうが、テイク2、テイク3などと、そこまで取り直しているとは呆れます。

誹謗中傷も課題ですが、もはや木村花さんの件では、テレビ局と制作会社の責任を、強く問うて行かなければいけないでしょう。

きちんと責任を取ってもらい、ご遺族の方が花さんの墓前で報告できるようにして欲しいです。

木村花さんは、プロレスというエンターテイナーとしてヒール役だったが、それはあくまでプロレスを盛り上げるためで、そもそも最初からヒールではない。それまでの流れを知っているファンは、誹謗中傷なんてしないでしょう。
ただ、何も知らない視聴者が。テラスハウスの中でいきなりそのような振る舞いを見たら、「何なのこの人?」となり誹謗中傷へ繋がるのは当然の流れでしょう。どうしてケアをしてあげなかったのか。
番組を盛り上げるためなのでしょうが、そのような無責任すぎる番組作りをするならもう打ち切るべきです。
第二、第三の被害者をださないためにも。

スポンサーリンク

まとめ

今回は

①【衝撃】テラハの嘘を現役スタッフが告白!

②制作側に対してネット大炎上!

についてまとめてみました。

SNSのルール作りももちろん大事ですが制作側からの責任もしっかりとして頂かなければこの問題は終わりません。

プロレスラー木村花さんの冥福をお祈り致します。