エンタメ

【2019】新元号・予想ランキング最新!台湾の予想が酷いと話題に!

スポンサーリンク

2019年3月31日(日)

いよいよ明日2019年4月1日(月)は新元号が発表となります!

4月1日(月)当日は11時半に菅官房長官より発表されます。

政府はその発表にあっってライブ配信のフル活用を発表。

公式アカウントのツイッター、インスタグラム、フェイスブックでライブ配信をするとのことです。

世間ではネット上などで新元号の予想で盛り上がっています!!

そんな中、台湾の予想した新元号が面白い!酷い(笑)!と話題になっているようです。

そこで今回は『【2019】新元号・予想ランキング最新!台湾の予想が酷いと話題に!』について記事を書いていきたい思います。

【新元号】儲かる会社・業界は?最注目はカワセコンピュータサプライ?
スポンサーリンク

【2019】新元号・予想ランキング最新!

さっそく、新元号予想ランキング最新( 時事通信社コム2019年03月31日07時15分 )で発表されたものを見てみましょう!

新元号予想ランキング&これまで元号に使われた漢字ベスト16

1位は安永、2位は安久、3位は永光、4位は永安、5位は永和となっています。1位から5位には「永」が4回、「安」が3回、「久」「和」「光」が1回ずつ登場していました。

過去に使われてきた文字は以下の通りで「永」29回、「安」17回、「和」19回で「久」「光」はベスト16には入っていなかったようです。

スポンサーリンク

過去の元号の主な出典と今回の出典はどこ?

過去の元号の主な出典元は大化の改新645年の「大化」から「平成」までは247元号がありました。

その247のうちで確認出来るものはなんと、すべて漢籍(中国の古典)からだそうです。

しかし、今回の新元号に関しては安倍首相より日本の古典を含めて検討するべきだとの噂もあるようです。

スポンサーリンク

【2019】新元号・台湾の新元号予想が酷い(面白い)と話題に!

これが台湾人の方が考えた日本の新元号です!!

ざっくりと直訳すると、上の赤字が「おもしろ新元号の候補名称

下の黄色文字が「話題の年号、ネットユーザーが考えた年号

酷い(面白い)ポイント3つ

1.1位の文字がいきなり2文字でない!

2.平成から離れていない!

3.興味本位すぎる!

.1位の文字がいきなり2文字でない!

これは台湾のネットユーザーのみなさんだから2文字限定を知らないからこそ発想できることですね(笑)

平成から離れていない!

新平成や平成第二章っておもしろ過ぎでしょ!!

興味本位すぎる!

もう、台湾のネットユーザーの方々の予想が酷すぎるというか面白すぎです(笑)

泣いても笑っても明日4月1日に発表ですね。 そして、4月いっぱいで「平成」という時代は幕を閉じます。

なんだか、寂しい気持ちになりますね。 
みなさんはどのように思いましたか・・?

スポンサーリンク

まとめ

2019年3月31日現在、あと新元号の発表まで24時間を切りました。

どんな新元号なのかとても楽しみですね(^^)

どんな元号がきても最初のうちは違和感があって慣れないんだろうなって気がします。予想を裏切ってこの元号はかっこいい、ぴったりだっていうのが発表されたらうれしいですね!

以上、『【2019】新元号・予想ランキング最新!台湾の予想が酷いと話題に!』でした。

最後まで読んで頂きどうもありがとうございました。