スキャンダル

【画像】国母和宏のフルボッコ事件とは?現在、大麻で逮捕でも反省なし?

スポンサーリンク

2019年11月6日(水)スノーボード元五輪代表の国母和宏容疑者が大麻取締法違反の疑いで逮捕されたと報じられました。

国母和宏選手はバンクーバーオリンピックのときに服装のだらしなさで世間から厳しい批判を受けていたのが有名なエピソードです。

そこで今回は『【画像】国母和宏のフルボッコ事件とは?現在、大麻で逮捕でも反省なし?』について記事を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

【画像】国母和宏の腰パン・フルボッコ事件とは?

国母和宏さんのフルボッコ事件とは

バンクーバー冬季オリンピックのときの乱れた服装、その後の会見でのふざけた態度に対して、世間から一斉に非難を浴びせられたことで名付けられた事件のことです。

ときは2010年のことです。

日本代表選手団がカナダのバンクーバーへ出発されるときです。

サングラスをかけて、ネクタイはゆるゆる

腰パン姿に通常インするはずのフォーマルな格好にもかかわらず、

シャツを出していた国母和宏さん・・

国の代表というよりもプライベートの延長のような格好ですね。

この日本を代表するには相応しくない、

みっともない格好をみた日本オリンピック委員会をはじめ全日本スキー連盟、

各マスコミやテレビなどは一斉に「日本人として自覚が足りない」と一斉にいわれました。

テレビ報道を見ていた視聴者からも苦情が殺到しました。

その騒動に対して、国母和宏さんは記者会見にて半ギレ状態で『ちっ!うるせーな・・』『反省してまーす!』と一言。

テレビのマイクでしっかりと聞こえてしまったため国民は大激怒。

この態度が日本中の人たちを敵に回して、結果、『フルボッコ』にされてしまいました。

事態を重く見た全日本スキー連盟(SAJ)は国母和宏さんをバンクーバー大会の出場を辞退させる意向を

 

バンクーバー五輪での“腰パン騒動”から9年…

国母容疑者は、バンクーバーオリンピックに出場した際、公式服の着こなしや会見での受け答えで厳しい批判を受けたが、その後、USオープンで日本人で初めて優勝し、現在は、雪山を滑り降りる様子を映像化し配信するプロスノーボーダーとして活動していた。

スポンサーリンク

【画像】国母和宏の2019年現在、大麻で逮捕でも反省なし?

国母和宏さんは大麻取締法違反の疑いで逮捕されても反省なしです。

反省なしどころか暴言まで吐き始めているようです。

その内容は

スノーボードに関する国内外ニュースやイベント情報を発信するウェブマガジンでは「日本のシーンにあって海外のシーンにないモノ」について「S〇Jのアホども。オリンピックに出たい子はオリンピックと引き換えにその先を潰されている」と全日本スキー連盟(SAJ)にケンカを売り、

服装の乱れについては「だまれ」、スノーボードをして良かったことは「ワガママできる」と言いたい放題だった。

と相変わらずの態度だからです。

お世話になっている協会に限らずスポンサーに対してまで暴言を吐くとは・・

なんだか大丈夫かなと心配になるレベルですね。

 

国際郵便で大麻を密輸した疑い
バンクーバーオリンピック日本代表でプロスノーボーダーの国母和宏容疑者(31)が、厚生労働省麻薬取締部に大麻取締法違反の疑いで逮捕されたことがわかった。

バンクーバーオリンピックのスノーボード・ハーフパイプ日本代表でプロスノーボーダーの国母和宏容疑者は去年、アメリカから国際郵便で大麻を送り日本に密輸した疑いがもたれていて、11月6日午前、東京・千代田区の厚労省麻薬取締部に出頭し、逮捕された。

スポンサーリンク

ネット上の反応は?

国母和宏プロフィール

国母和宏
  • 名前:国母和宏
  • よみがな:こくぼかずひろ
  • 愛称:KAZU
  • 生年月日:1988年8月16日
  • 出身地:北海道石狩市
  • 出身大学:北海道東海大学
  • 在住:カリフォルニア州
スポンサーリンク

まとめ

今回は

①国母和宏のフルボッコ事件

②2019現在、大麻で逮捕でも反省なし?

についてリサーチしてみました。

今後の余罪などが気になるところです。

以上、『【画像】国母和宏のフルボッコ事件とは?現在、大麻で逮捕でも反省なし?』でした。

最後まで読んで頂きどうもありがとうございました。