速報ウルグアイ戦結果&三好康児の2ゴール動画!wikiや高校も調査!

スポンサーリンク

2019年6月21日(金)日本時間8時よりコパアメリカ『日本VSウルグアイ戦』が行われました!

結果速報のニュースでは『日本VSウルグアイ戦』は2-2の引き分けも優勝候補のウルグアイ相手に価値のあるドローとのことでした。

そこで今回は『速報ウルグアイ戦結果&三好康児の2ゴール動画!wikiや高校も調査!』について記事を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

速報ウルグアイ戦結果&三好康児の2ゴール動画!

1点目は柴崎岳選手からの高精度のロングボールを受けて、三好康児選手が右サイドから切れ味良いドリブルからのシュート!

2点目は岡崎慎司選手の絶妙なニア潰れ。中央で待っていた三好康児選手がこぼれ球の難しいボールをしっかりと抑えたボレーシュート!

W杯主力組とプレーすればポテンシャル高い若手が伸びる良い試合とのことでした。

1点目ゴール

7月に挙式を控えている柴崎岳選手のこのロングパスそのものと出すタイミング、そして、視野の広さがやばすぎる!!

コパアメリカ三好のゴールで日本先制!

2点目ゴール!

¡¡¡¡GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOL DE JAPÓN!!!!

スポンサーリンク

三好康児のwiki風プロフィールや高校も調査!

三好康児選手のプロフィールや高校は?

三好康児選手の出身高校は新城高校で、その時は 川崎フロンターレU-18 の所属してサッカーに打ち込んでいました。

新城高校の概要

名称:神奈川県立新城高等学校 

郵便番号:〒211-0042 

住所:川崎市中原区下新城1-14-1

TEL:(044)-766-7457

FAX:(044)-752-7812

三好康児のwiki風プロフィール

・名前:三好 康児

・ふりがな: みよし こうじ 

・背番号:41(横浜Fマリノス)

・ポジション:ミッドフィルダー 

・身長:167cm

・体重:64kg

・利き手/利き足 :左足 

・生年月日(年齢):1997/3/26(22歳)

・星座: 牡羊座

・ 血液型 :A型 

・出身地:神奈川県

経歴:中野島小(川崎フロンターレU-12) - 中野島中(川崎フロンターレU-15) - 新城高(川崎フロンターレU-18) - 川崎フロンターレ - 北海道コンサドーレ札幌

本気のウルグアイ相手に日本代表が健闘!

仕事中で試合を見ることは出来ませんでしたがハイライトで確認する限りかなり面白かった試合でした!!

コパ・アメリカのグループリーグ第2戦、日本代表対ウルグアイ代表は日本時間の6月21日、ブラジル・ポルトアレグレのアレーナ・ド・グレミオで行なわれ、2対2の引き分けに終わった。

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

 日本は、初戦のチリ戦から先発6名を変更。システムは初戦同様4-4-2でスタートした。日本はスタメンに、ベテランのGK川島永嗣、FW岡崎慎司を起用。レアル・マドリー経の移籍が決まった注目の久保建英は、ベンチスタートとなった。

 立ち上がり、ウルグアイはルイス・スアレスのロングレンジのミドルシュートでいきなり日本ゴールを脅かす。しかし日本も中島翔哉、三好康児、安部裕葵ら技術の高いアタッカー陣を軸に反撃し、スピーディな流れからたびたび岡崎慎司がフィニッシュに絡んでいく。

 そして25分、日本はカウンターから三好が右サイドをドリブルで持ち上がると、対面のラクサールをかわして右足を一閃。GKムスレラのニアサイドを破ってゴールネットを揺らす。日本が均衡を破った。

 だがウルグアイもすぐさま反撃を開始。31分、ペナルティエリア内でカバーニと植田直通が交錯。シュートモーションに入ったカバーニに対して、植田がブロックに入ったプレーがVARによってPKと判定されてしまう。これを35分、スアレスに沈められ、ウルグアイが試合を振り出しに戻した。

 前半を1-1の同点で折り返し、ともにメンバー交代なく後半がスタート。序盤から激しい撃ち合いが展開される。

 59分、左サイドでボールをキープした中島は追い越した杉岡大暉へスイッチ。杉岡のクロスはGKに触られたが、こぼれ球を三好が押し込み、ネットを揺らす。三好のこの日2点目で日本が勝ち越しに成功する。

 だがウルグアイも65分、CKからホセ・ヒメネスがヘディングで流し込み、再び同点に追いつく。試合は2-2のタイスコアとなる。

 同点後、しばらくはウルグアイのペースとなるが、日本の守備陣も身体を張ったディフェンスで対抗。堅守を見せる。日本は83分、2ゴールの三好に代えて久保建英を投入。やや押し込まれた日本は攻撃面のテコ入れを図る。

 しかし、日本は最後まで勝ち越しゴールを許さず、試合は2対2でタイムアップ。日本は世界のトッププレーヤーを揃える強豪を相手に、壮絶な撃ち合いの末にドローという結果を手にした。日本は決勝トーナメント進出の望みを懸けてグループリーグ最終戦に臨む。最終戦のエクアドル戦は、日本時間の6月25日午前8時のキックオフで行なわれる。

サッカーダイジェストより引用

海外メディアからも絶賛の嵐!!

今回の活躍で一気に名声が広がった三好康児選手。

なんと、あのフランス『Homme du Match』では三好に両チームを通して最高点となる採点「8」を与えてマン・オブ・ザ・マッチに選出されました!

コパ・アメリカ2019(南米選手権)グループステージC組第2節のウルグアイ代表対日本代表戦が現地時間20日に行われ、2-2のドローに終わった。2得点を上げたMF三好康児に対しては、海外メディアからも絶賛が集まっている。

 先発で出場した三好は前半25分、カウンターからエリア内右側に抜け出しGKのニアを撃ち抜く先制ゴールを記録。同点に追いつかれたあと59分にもゴール前でのこぼれ球を押し込んで自身2点目を挙げ、勝ち点1獲得の立役者となった。

 アジアサッカー連盟(AFC)は「三好の活躍で日本がウルグアイを抑える」と22歳のMFを称賛。チリ『エル・グラフィコ』も「際立っていた選手は三好康児。ウルグアイを苦しめ日本の望みを繋いだ」と賛辞を送っている。

 フランス『Homme du Match』では三好に両チームを通して最高点となる採点「8」を与えてマン・オブ・ザ・マッチに選出。「この試合で輝き、チャンスが訪れるたびに活かした。それほどボールを供給されたわけではなかったが極めて効率的だった」と決定力の高さを称えた。その他には中島翔哉が「7」、川島永嗣と柴崎岳が「6.5」と高く評価されている。

 イタリア『トゥットメルカートウェブ』でも三好に「7.5」とこの試合で最高の評価を与えた。「この夜の主役だった。日本のサポーターにしばらく夢を見させた。抑えられなかった」と評している。

フットボールチャンネルより引用

ネット上の声は?

“本気”のウルグアイを相手に2-2ドロー! 日本は終盤に猛攻受けるも勝ち点1獲得!

岡崎慎司はウルグアイ戦で、両チーム最多のデュエル数(26)、チーム最多のファウル数(4)を記録した。1試合のデュエル数としては、今大会を通しても全体2位。ファイター!!

スポンサーリンク

まとめ

三好康児選手のゴールが貴重な勝ち点1をもたらしました!

次戦に期待して行きましょう!!

以上、『速報ウルグアイ戦結果&三好康児の2ゴール動画!wikiや高校も調査!』でした。

最後まで読んで頂きどうもありがとうございました!

コメントを残す