ラグビー

松島幸太朗はハーフで父や母の国籍は?出身や生い立ちも調査!

スポンサーリンク

2019年9月ラグビーワールドカップ2019がとても盛り上がっています。

そんな中、ロシア戦でハットトリックと大活躍した松島幸太朗選手が話題です。

そこで今回は『松島幸太朗はハーフで父や母の国籍は?出身や生い立ちも調査!』についてリサーチしていきたいと思います。

あわせて読みたい!

 ↓  ↓  ↓

福岡堅樹の高校時代は医学部もめざしてた?父や祖父が医者だった!

【画像】田村優はイケメンで筋肉がヤバい!理由はハーフで沖縄育ちだから?

堀江翔太の怪我のリハビリが壮絶!出身中学/高校やwiki経歴も調査!

【画像】堀江翔太の嫁がかわいいと話題!馴れ初めや子供は何人いるの?

姫野和樹の出身高校/大学やwiki経歴は?画像・筋肉がヤバいと噂も!

スポンサーリンク

松島幸太朗はハーフで父や母の国籍は?

松島幸太朗さんの父親はアフリカのジンバブエ人で新聞記者の故ロドリックさんです。

母親はNGO組織の職員で日本人の松島多恵子さんです。

つまり、松島幸太朗さんはジンバブエ人と日本人のハーフになります。

スポンサーリンク

松島幸太朗の出身や生い立ちも調査!

松島幸太朗さんの出身(出生地)は南アフリカの首都プレトリアになります。

生まれ育ったのは南アフリカで6歳のころに日本に来ました。

小学時代

小学生のころには日本の東京都の学校に通いサッカーを習っていたそうです。

きっかけはサッカー好きの父の影響で小学校6年間はサッカーをやっていました。

中学時代

中学1年生の冬になると南アフリカに1年間留学をしました。

そこで初めてラグビーというスポーツに出会いました。

松島幸太朗さんはそれ以来、ラグビーののめり込んでいっていきました。

日本に帰ってからは中学の部活動にラグビー部がないため、東京のラグビースクールに通いました。

持ち前の身体能力の高さとサッカーで培った強靭な足腰が中学レベルをはるかに超えていたそうです。

中学3年生になると東京都スクール選抜のメンバーに抜擢されました。

そして、冬の全国大会(会場:花園ラグビー場)に出場しました。

準決勝では優勝候補筆頭の大阪府中学選抜と戦いました。

そこで松島幸太朗ありと言わせんばかりのぶっちぎりの走りで相手をかき回し独走トライによって、東京都スクール選抜を勝利に導きました。

高校時代

高校は全国屈指のラグビーの強豪校・桐蔭学園(神奈川)に進学されました。

1年生のころにレギュラーを奪い、その後の3年間は一つの伝説を築きました。

まず、2年生になると飛び級で高校日本代表に抜擢されました。

高校時代の最後の全国大会(花園)では桐蔭学園の初優勝に大きく貢献しました。

しかも、準決勝の強豪・大阪朝鮮高校の試合で伝説を残しました。

自陣ゴールから100m近くを独走トライしてしまったのです!

社会人

高校卒業後は南アフリカ屈指の強豪クラブ『シャークス』のアカデミーに挑戦されました。

この若手育成機関のアカデミーを選択して大学進学はしませんでした。

アカデミーの1年目はあまり結果を出せなかったようです。

その理由は周りのレベルの高さに加えて慣れない環境だったと言われています。

しかし、弱音を吐きながらも地道にウエイトトレーニングを重ねて体を一回り以上大きくすることに成功したそうです。

そのパンプアップの成果がラグビーに活かされて、南アフリカのU20代表候補にまで上り詰めました。

ただ、松島幸太朗さんはラグビーは日本代表としてワールドカップに挑戦したいという思いが強かったようです。

桐蔭学園時代の恩師の藤原監督に相談して日本に帰国する道を選びました。

2014年:サントリーに所属。

2014年:5月に日本代表でデビューをする。(対フィリピン戦)

2015年:ワラターズ(オーストラリア・シドニー)に所属。

2016年:レベルズに所属してオーストラリアのスーパーラグビーチームにも所属。

2017年~2018年のトップリーグにてMVPプレーヤーに選出される。

2019年:9月20日(金)ワールドカップ開幕戦にてロシア相手に快挙。ワールドカップ日本代表での3トライで史上最多を更新する。

スポンサーリンク

ネット上では称賛の声が!!

スポンサーリンク

まとめ

次回、9月28日(土)のアイルランド戦が大きな山場です。

松島幸太朗さんをはじめ日本代表のみなさまを全力で応援していきたいと思います。

以上、『松島幸太朗はハーフで父や母の国籍は?出身や生い立ちも調査!』でした。

最後までご覧いただきどうもありがとうございました。