ラグビー

福岡堅樹の高校時代は医学部もめざしてた?父や祖父が医者だった!

スポンサーリンク

2019年10月2日(水)ラグビーワールドカップが熱いです!

10月5日(土)『日本代表vsサモア代表』で日本代表が3連勝をかけて試合に望みます。

そんな中、アイルランド戦でトライを決めた福岡堅樹選手が話題です。

そこで今回は『福岡堅樹の高校時代は医学部もめざしてた?父や祖父が医者だった!』について記事を書いていきたいと思います。

関連記事はこちら
  ↓  ↓  ↓

姫野和樹の出身高校/大学やwiki経歴は?画像・筋肉がヤバいと噂も!

堀江翔太の怪我のリハビリが壮絶!出身中学/高校やwiki経歴も調査!

【画像】堀江翔太の嫁がかわいいと話題!馴れ初めや子供は何人いるの?

【画像】稲垣啓太の出身中学・高校やwikiは?最強伝説も顔も花山薫!

松島幸太朗はハーフで父や母の国籍は?出身や生い立ちも調査!

スポンサーリンク

福岡堅樹の高校時代は医学部もめざしてた?

福岡堅樹

福岡堅樹さんがラグビーをはじめたのは5歳のときでした。

このころからラグビー以外にピアノ、習字、スイミングを多くの習い事をしていました。

いろいろなことを学ばせることで何があっているのかをみていくという母親の教育方針でした。

そして、だんだんとラグビーにのめり込んでいきました。

福岡堅樹さんは高校時代になるとラグビーをしながら医学部への道を真剣に考えていました。

ラグビーをやりながら医学部を目指すってよほど大変ですよね・・

普通に考えてもそう思うのですが、福岡堅樹さんの場合は福岡高校で全国高校ラグビー大会(花園)に出場するほどの強豪校なのです。

私の通っていた高校も柔道や野球で日本一になったりしていますが、柔道部や野球部の友人は部活の疲労で勉強どころではないという感じでした。

全くしていないということではなく、部活で全国を目指すということはそこにすべてを注ぐので、文武両道をできるのは本当にすごいと思います。

それでも、福岡堅樹さんには医学部を目指す理由がありました。

その一つが自分の怪我を治してくれたドクターに憧れたこと。

どういうことかというと、高校時代に福岡堅樹さんは高2の8月に右膝前十字靭帯断裂とその後、左膝前十字靭帯損傷という大きな怪我を負いました。

前十字靭帯というのはトップスピードから急に止まったりするときに痛めやすい靭帯です。

福岡堅樹さんのようにスピードスターになるとトップスピードから急な方向転換やストップのフェイントなど怪我のしやすい動きがとても大きいです。

その影響で二度も大きな怪我をしてしまいました。

高校時代の大きな怪我は選手生命やレギュラー争いにものすごく影響するのでとても精神的に不安定だったかと思われます。

そんな中、膝の怪我を治療したドクターはとても親身になってくれました。

整形外科のドクターは現状とラグビー復帰へまでの細かなプロセスを丁寧に説明。右膝前十字靭帯断裂の手術のときに入れたボルトを除去するときの内視鏡手術のときにモニターからその様子を見せてもらったそうです。

全身麻酔ではなく、下半身麻酔によりそういったことを可能にしました。

それらのことが精神的にも肉体的にも大きなダメージをケアしてくれました。

その経験があって医師を目指すという夢に確信を持ったそうです。

もう一つは福岡堅樹さんの家族が医者家系だったからです。

スポンサーリンク

福岡堅樹の父や祖父が医者だった!

福岡堅樹さんの祖父は開業医、父は歯科医をやっているそうです。

小さい頃から見てきた祖父や父親のドクターとしての姿は幼い頃の福岡堅樹さんにとっては大きな影響を与えてきたのだと思います。

そして、福岡堅樹さんはすでにラグビー引退時期を決めております。

それは2020年の東京オリンピックです。

ラグビー人生のすべてをそこで出し切り医学部に転身されるようです。

そんな福岡堅樹さんはネット上ではどのように思われているのでしょうか・・?

スポンサーリンク

ネット上の反応は?

福岡堅樹のプロフィール

  • 名前:福岡 堅樹
  • よみがな:ふくおか けんき
  • 生年月日:1992年9月7日
  • 出身地:福岡県古賀市
  • 出身高校:福岡高校
  • 出身大学:筑波大学
  • 身長:175cm
  • 体重:83kg
  • 所属:パナソニックワイルドナイツ
  • ポジション:WTB(ウイング)

福岡堅樹の学歴と経歴~中学のころも足が速い!~

  • 5歳のときに玄海ジュニアラグビークラブに入団。
  • 福岡県古賀市立青柳小学校に入学。
  • ラグビーをしながら勉強もできたそうです!
  • 宿題もサラッと終わらせて遊びに行くタイプ。
  • 福岡県古賀市立古河東中学校に入学。
  • 陸上部に所属して中3のときは100m11秒75,200m24秒33という成績だったそうです。
  • このころも玄海ジュニアラグビークラブを継続。
  • そして、ラグビーのプロを意識し始める。
  • 福岡県立福岡高校に入学。(偏差値72県で御三家の進学校の一つ)
  • 全国高校ラグビー大会(花園)には37回以上出場。
  • 福岡堅樹さんは高3で第90回全国高校ラグビー大会に出場。
  • 同時期に膝の前十字靭帯断裂をする。
  • 将来の夢のきっかけとなるドクターと出会う。
  • 筑波大学情報学群に入学。
  • 本来は筑波大学医学部を目指したが1浪して2度の不合格をあじわった。
  • ここで医者の道よりラグビーに専念することを選択。
スポンサーリンク

まとめ

以上、『福岡堅樹の高校時代は医学部もめざしてた?父や祖父が医者だった!』でした。

最後まで読んで頂きどうもありがとうございました。