【画像あり】ニューイヤー駅伝MHPSが話題に!過去の実績は・・

《2019年》新年明けましておめでとうございます!

今年も元旦早々にニューイヤー駅伝こと全日本実業団対抗駅伝競走大会が大盛り上がりでしたね!!

今大会の注目ポイントが旭化成の3連覇、次いでトヨタ自動車( 東京五輪マラソン代表選考会 出場権獲得3選手)、バランスの良い富士通が本命の御三家と呼ばれていました!

そんな中で2019年の結果は

  • 1位 旭化成     4:51:27
  • 2位 MHPS    4:51:31
  • 3位 トヨタ自動車  4:52:34
  • 4位 富士通     4:53:17
  • 5位 コニカミノルタ 4:53:37 

ここで旭化成とたった4秒差で2位で大健闘したMHPSが話題に!

今回はこの大健闘したMHPSについてまとめていきたいと思います。

【画像あり】ニューイヤー駅伝MHPSが話題に!

MHPSとは三菱日立パワーシステムズ株式会社で駅伝ではこのマラソン部のことになります。

ニューイヤー駅伝2019のMHPSメンバーと記録

  • 1区  的野遼大  区間11位  36’05”  出身地:長崎、順天堂大学
  • 2区  エノック  区間9位   22’44”   出身地:ケニア、山梨学院大学
  • 3区  目良隼人  区間16位 39’03”   出身地:長崎、川棚高校
  • 4区  井上大仁  区間1位 1°04’37”  出身地:長崎、順天堂大学
  • 5区  定方俊樹  区間3位 46’22”    出身地:長崎、東洋大学
  • 6区  木滑 良  区間9位 36’50”    出身地:長崎、瓊浦高校
  • 7区  岩田勇治   区間3位 45’50”   出身地:長崎、福岡工業高校

ほとんどの出身が長崎!

レギュラーメンバー7人中6人が長崎出身っていうのがとても素晴らしいと思いました。

今回のMHPSといい夏の甲子園の金足農業高校といい、地元のメンバーだけで勝つことがどれだけ難しいことのなのか、それを長崎のMHPSのメンバーはニューイヤー駅伝でやってのけてくれました!

ニューイヤー駅伝の雄姿の画像!

MHPSの過去の実績は・・

第1回大会(1957)から第62回大会(2018)の第1位から上位3チームにこの名前は一度もありませんでした。

なので、

今回のMHPSの第2位の記録というのは多くのみなさんに大きなインパクトを与えたようでした!

MHPSの過去の主な実績

  • ニューイヤー駅伝2019 第2位 4:51:31
  • ニューイヤー駅伝2018 第8位 4:59:10
  • ニューイヤー駅伝2017 第4位 4:59:10
  • ニューイヤー駅伝2016 第11位 4:58:10 ( 三菱日立パワーシステムズ長崎 )

チーム名が改名して3年目で第2位の快挙をなしとげたのですね!

みんなの声も集めてみました!

まとめ

2019年のニューイヤー駅伝は旭化成の3連覇とMHPSの大健闘で幕を閉じました!

お正月もいろいろなスポーツで盛り上がりそうですね(^^)

以上、『【画像あり】ニューイヤー駅伝MHPSが話題に!過去の実績は・・』の記事でした。

本年もどうぞ宜しくお願い致します!

コメントを残す