【箱根駅伝】東海大のユニフォームの色が話題に!前の水色が良かったと嘆く人が続出・・

2019年の第95回箱根駅伝大会も明日1月3日の復路が終わると総合優勝が決まります!

往路の順位はみなさんのご存知の通り1位東洋大、2位東海大、3位国学院大、4位駒沢大、5位法政大、6位青山学院大・・・

5連覇が厳しくなった青山学院大チーム、そして、明日優勝を狙う東洋大と東海大の一騎打ちが楽しみです。

そんな中で『今更だけど、東海大のユニフォーム変わった!?』という声があちらこちらで出ているようです。

今回は東海大のユニフォームについて、フォーカスしてみたいと思います(^^)

【箱根駅伝】東海大のユニフォームの色が話題に!

たしかに・・・言われてみればそうだ!

見慣れていた水色のユニフォームが深青色に変わっている!!

実は私自身もそんなに気にしないで普通に見ていました(笑)

2019年現在のユニフォームはこちらです!

濃い目のブルーシャツにグレーの短パンが2019年箱根駅伝のユニフォーム

実はこのカラーになったのは2018年からのようです!

本当に気付くかたは気付いて、私のように気付かない人は気付かない・・・

人って見ているようで見ていないものですね (笑)

【箱根駅伝】ユニフォームは前の水色が良かったと嘆く人も・・

なぜ、いつから水色でなくなってしまったの?

2017年は東海大学建学75周年記念でした。

それがきっかけで 深い青色のユニフォームに変わったそうです。

ツイッターの声を集めてみました(;・∀・)

サックスブルー(水色)は人気なんですね!

実は・・・私も今更気づいたものですww

こちらのこあらさんも水色のユニフォーム推しのようです!

https://twitter.com/I_CAN_DO_IT46/status/1080312193101422592

そうなんです!水色のユニフォームでした!!

水色のユニフォームの印象はつよいんですね!

慣れない方も多いようですね!

前の水色のユニフォームを推すかたおおいですね!!

東海大学の駅伝のユニフォームの過去の色と歴史

過去のユニフォームを見ていきましょう!

東海大学キャンパス内の購買部でしょうか・・?立派に飾ってあります!

2003年より2017年までの水色のユニフォーム!!やはり、この水色がしっくりくる気がします。

2002年よりも前の白のユニフォーム!!

まとめ

どうやら、多くの方が水色のユニフォーム=東海大学というイメージが強かったようです!

あなたはどう思われましたか・・!?

以上、『【箱根駅伝】東海大のユニフォームの色が話題に!前の水色が良かったと嘆く人が続出・・』でした!

コメントを残す