スポーツ

小林将大の大学や釣りを始めたきっかけは?wikiや経歴も調査!

2020年5月9日(土)人気の釣り番組『THEフィッシング』が放送されます。舞台は三陸、岩手県の河川で小林将大さんが出演されます。

小林将大さんはどのような方なのでしょうか。

今回は『小林将大の大学や釣りを始めたきっかけは?wikiや経歴も調査!』について記事を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

【画像】小林将大のwiki風プロフィールも調査!

  • 名前:小林将大
  • よみがな:こばやしまさひろ
  • 出身地:東京都
  • 職業:会社員
  • 所属:キャスティング八王子店
  • 役職:副店長
  • 担当フロア:トラウトフロア
  • 趣味・特技:釣り
スポンサーリンク

【画像】アングラー小林将大の大学は?

小林将大さんの大学は公表されていませんでした。

以下の情報より岩手大学でほぼ間違いないと思いました。

現在、わかっていることは岩手県の大学に通っていたこと。

水産学部に進学したということ。

サケ、マス類の生態など研究に没頭したという点までがわかっています。

そもそも日本の大学で水産学部がある大学は多くありません。

リサーチした結果、岩手県に水産学部のある大学は岩手大学のみでした。

おそらく小林将大さんは岩手大学農学部食料生産環境学科 水産システム学コース(いわゆる水産学部)に通っていたと思われます。

スポンサーリンク

アングラー小林将大が釣りを始めたきっかけと経歴は?

アングラー小林将大さんが釣りをはじめたきっかけは子供の頃、図鑑を見ていた時でした。

幼心にイワナやヤマメの魚体に一目惚れをしたそうです。

それからはもっともっと渓流の魚のことを知りたいという思いが強くなっていきました。

東京都出身の小林将大さんですが大学は岩手県の大学に通われました。

その理由は水産学部に進学してサケ・マスの生態を学ぶためです。

さらに岩手県では本格的にネイティブトラウトを追い求めました。

学生時代に釣りの腕はどんどんと磨かれていきました。
現在では常に狙ったところにルアーを通す、卓越したキャスティングテクニックが持ち味です。

三陸の渓流では河口域にもヤマメ、イワナが生息しているそうです。

これは図鑑に書いてあったことと違い驚いたと小林将大さんはおっしゃっていました。

今回の『THEフィッシング』で学生時代のころから久しぶり岩手県の河口付近でヤマメを釣っていました。

この河口域でヤマメやイワナが生息しているのは全国的にも珍しいそうです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は

①小林将大の大学や釣りを始めたきっかけは?

②小林将大のwiki風プロフィールや経歴も調査!

についてまとめてみました。

今後もアングラー小林将大さんの活躍を楽しみに応援していきたいと思います。

最後まで読んで頂きどうもありがとうございました。