ニュース

【顔画像】吉野彰の出身大学や経歴プロフィールは?論文や特許もリサーチ!

スポンサーリンク

2019年10月9日(水)ノーベル化学賞に旭化成名誉フェロー・吉野彰氏が選ばれたという嬉しい速報ニュースが午後7時に入ってきました。

テレビやネットでは吉野彰氏がかなり話題になっているようです。

そこで今回は『【顔画像】吉野彰の出身大学や経歴プロフィールは?論文や特許もリサーチ!』について記事を書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

吉野彰のノーベル賞受賞のニュース記事

ノーベル化学賞を受賞された吉野彰氏は旭化成名誉フェローです。

名誉フェロー(めいよフェロー、英: Honorary Fellow)は、学会、大学、企業、研究機関が定める学術称号。 意味合いとして名誉研究員と近いが、名誉上級会員と訳されることも多い。 類似した職名・称号として、名誉リサーチャー、名誉スカラー等がある(いずれも本項で解説)。

2019年10月8日(月)ノーベル物理学賞に日本人が選ばれなかったので本当に嬉しいですね。

そんな、吉野彰氏のノーベル化学賞の受賞についてのニュース記事がこちらです。 

⬇  ⬇  ⬇

スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2019年ノーベル化学賞を、京都大工学部出身で旭化成名誉フェローの吉野彰氏(71)ら3人に贈る、と発表した。

吉野氏はコバルト酸リチウムを使い、高性能のリチウムイオン電池を開発した。

携帯電話やノートパソコンのバッテリーなどIT社会に不可欠な電源となるとともに自動車や住宅にも利用が広がり、エネルギーの効率利用による環境負荷の低減が期待されている。

 日本のノーベル賞受賞は27人目。化学賞は2010年の鈴木章氏らに次いで8人目。

出身や大学の在籍など京都にゆかりのある受賞者は15人になった。授賞式は12月10日にスウェーデン・ストックホルムで開かれ、3人に計賞金900万クローナ(約1億円)が贈られる。


 充電して再利用できる2次電池に、反応性が高い金属リチウムを電極に用いようと多くの研究者が挑戦した。しかし充放電を繰り返すと性能が低下し、熱暴走という安全性の課題もあり、実用化は難しかった。


 吉野氏はノーベル化学賞を受賞した白川英樹氏が発見した導電性高分子のポリアセチレンに着目、2次電池に用いる研究を1981年から始めた。コバルト酸リチウムを正極とする2次電池を83年に試作し、負極を炭素材料に切り替え、現在使われているリチウムイオン電池を85年に完成させた。


 リチウムイオン電池の登場によって、これまで1・5ボルトが限界だった起電力を4ボルト以上まで上げることができ、小型軽量化も実現。91年には量産化され、95年の「ウィンドウズ95」の登場とともに情報通信機器の電源として一気に普及した。

電解質にポリマーを用いるリチウムイオンポリマー電池など改良が進み、電気自動車や住宅用蓄電池システムへの利用も進んでいる。

京都新聞より引用

スポンサーリンク

【顔画像】吉野彰の出身大学は?

吉野彰氏の出身大学は京都大学部工学部になります

2019年現在、京都大学部工学部の偏差値は65です。

工学部の偏差値で言うと

  1. 東京工業大学 偏差値70
  2. 東京大学、九州大学 偏差値67.5
  3. 京都大学 偏差値65

全国・国公立大学の中で3番目に難しいことになります。

そんな、吉野彰氏の経歴やプロフィールもリサーチしていきましょう。

スポンサーリンク

【顔画像】吉野彰の経歴やプロフィールは?

吉野彰氏プロフィール
  • 名前:吉野 彰
  • よみがな:よしの あきら
  • 生年月日:1948年1月30日
  • 現住所:神奈川県藤沢市
  • 役職:旭化成㈱名誉フェロー
吉野彰氏の経歴(略歴)
  • 1972年4月 旭化成(株)(旧旭化成工業(株))入社
  • 1982年10月 旭化成(株)川崎技術研究所
  • 1992年3月 旭化成(株)イオン二次電池事業推進部商品開発グループ長
  • 1994年8月 (株)エイ・ティーバッテリー技術開発担当部長
  • 1997年4月 旭化成(株)イオン二次電池事業グループ長
  • 2001年5月 旭化成(株)電池材料事業開発室 室長
  • 2003年10月 旭化成グループフェロー
  • 2005年8月 旭化成(株)吉野研究室 室長
  • 2010年4月 技術研究組合 リチウムイオン電池材料評価研究センター 理事長(現在)
  • 2015年10月 旭化成(株)顧問
  • 九州大学 エネルギー基盤技術国際教育研究センター 客員教授
  • 2017年7月 名城大学 大学院理工学研究科 教授(現在)
  • 2017年10月 旭化成(株)名誉フェロー(現在)
  • 2019年6月 九州大学 グリーンテクノロジー研究教育センター 訪問教授

【顔画像】吉野彰の論文や特許もリサーチ!

主要研究論文

主要特許

スポンサーリンク

まとめ

今回は

①吉野彰氏の出身大学は京都大学部工学部

②吉野彰氏の経歴やプロフィール

③論文や特許

についてまとめていきました。

今後の吉野彰氏のますますのご活躍に期待したいですね。

以上、『【顔画像】吉野彰の出身大学や経歴プロフィールは?論文や特許もリサーチ!』でした。

最後まで読んで頂きどうもありがとうございました。