ニュース

【即位の礼】雅子様の十二単と青空と虹が美しいと話題に!厳選画像あり!

スポンサーリンク

2019年10月22日(火)本日、即位礼正殿の儀が行われました。

そんな中、十二単をまとった皇后陛下・雅子様がとても美しい上に大きくて綺麗な虹と青空が出て神々しい話題になりました。

そこで今回は『【即位の礼】雅子様の十二単と青空と虹が美しいと話題に!厳選画像あり!』について記事を書いていきたいと思います。

あわせて読みたい!

 ↓  ↓  ↓

【饗宴の儀】招待国の参列者や料理メニュー・場所を調査!放送はニコ生?

スポンサーリンク

【即位の礼】雅子様の十二単と青空と虹が美しいと話題に!

2019年10月22日午後1時から『即位礼正殿の儀』で天皇陛下が国内外に向けて即位を宣言されました。

朝から雨が降る中、天候的には恵まれないのかなと多くの国民が残念に思っていたことかと思われます。

しかし、信じられないことが起こりました・・

御即位を祝うかのように雨が上がり、大きな虹がかかったのです!

なんだかすごく身震いしたし、こんなことが起こるんだなと清々しい気分になりました。

そして、この『即位礼正殿の儀』で雨が上がり青空と虹が出たことはネット上でも大きな話題となりました。

多くの日本国民の方々や訪れた各国の来賓の方々にとっても生涯忘れない『即位礼正殿の儀』となったのではないでしょうか。

【即位礼正殿の儀とは】

即位礼正殿の儀は平安時代の初期に由来をもち、即位関連行事のなかで最も重要とされています。

儀式は宮殿で一番格式が高い松の間で執り行われます。

午後1時に陛下が入室して剣や勾玉(まがたま)とともに高御座に上がり、その後、皇后さまも隣の御帳台に入られます。

陛下は天皇だけが着られる装束「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」を着用し、皇后さまは自身のお印のハマナスもあしらわれた十二単(ひとえ)を着用されます。

高御座と御帳台の幕が開き、両陛下の姿が初めて参列者側に明らかにされた後、陛下が即位を国の内外に宣言するお言葉を述べられます。

 

【即位礼正殿の儀の天皇陛下のおことば】

さきに、日本国憲法及び皇室典範特例法の定めるところにより皇位を継承いたしました。ここに「即位礼正殿の儀」を行い、即位を内外に宣明いたします。

上皇陛下が30年以上にわたる御在位の間、常に国民の幸せと世界の平和を願われ、いかなる時も国民と苦楽を共にされながら、その御み心を御自身のお姿でお示しになってきたことに、改めて深く思いを致し、ここに、国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います。

国民の叡智とたゆみない努力によって、我が国が一層の発展を遂げ、国際社会の友好と平和、人類の福祉と繁栄に寄与することを切に希望いたします。

スポンサーリンク

【厳選画像】雅子様の十二単と青空と虹が美しく神々しい!

【厳選画像】雅子様の十二単

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-00000035-jij_afp-int.view-000

【厳選画像】美しく神々しい青空と虹!

スポンサーリンク

ネット上の反応は?

スポンサーリンク

まとめ

今回は

①皇后陛下・雅子様の十二単が美しすぎた件

②青空と虹がきれいすぎた件

についてまとめてみました。

これからの新しい時代の幕開けとなる即位礼正殿の儀にふさわしい一日でした。

以上、『【即位の礼】雅子様の十二単と青空と虹が美しいと話題に!厳選画像あり!』でした。

最後まで読んで頂きどうもありがとうございました。