ニュース

【画像】新型肺炎の原因はヘビ?武漢市コロナウイルス時系列まとめ!

スポンサーリンク

2020年1月28日(火)

中国湖北省武漢市から発症したみられる新型コロナウイルスが世界的に猛威を奮い始めています。

中国だけでなく日本国内の報道すらも実際の感染者などの数字の見積もりが甘い可能性が高いこともわかってきました。

今後も世界的にひろがっていく新コロナウイルスの原因はヘビやコウモリと言われています。

そこで今回は『【画像】新型肺炎の原因はヘビ?武漢市コロナウイルス時系列まとめ!』

について記事を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

【画像】新型(コロナウイルス)肺炎の原因はコウモリ→ヘビ→人間?

武漢市内にある華南海鮮市場

結論から申し上げると、新型(コロナウイルス)肺炎の原因はコウモリ→ヘビ→人間へと感染した可能性が非常に高いということがわかりました。

その理由は中国の科学者たちが武漢コロナウイルスの遺伝子コードをその他のコロナウイルスと比較しました。

コウモリ

その結果、中国のコウモリのコロナウイルスと最も近いことが判明したからです。

ヘビ

ヘビにおいても遺伝子解析を進められました。

武漢コロナウイルスの遺伝を構成する要素がヘビによく似ている事が判明

そのことから研究者たちはコウモリのウイルスがヘビに感染したと考えています。

また、このヘビが武漢の華南海産物市場で売られていたこと

それを食べたことによりウイルスが人間に感染したという可能性が高いと今現在考えられています。

ただし、まだ(コウモリ→ヘビ→人間)という感染経路の確定には至っていないようです。

その理由は市場で売られていた動物や、この地域の野生のヘビとコウモリのDNAサンプルが足りないからです。

スポンサーリンク

武漢市コロナウイルス時系列まとめ!

中国

  • 2019年
  • 12月8日:中国湖北省武漢市で最初の新型肺炎患者
  • 12月31日:武漢市衛生健康委員会によると合計27例のうち7人重症、2人がまもなく退院
  • 2020年
  • 1月1日:武漢市内で局地的流行場所とされる華南海鮮市場を閉鎖
  • 1月5日:武漢市衛生健康委員会によると 合計59例のうち7人重症
  • 1月9日:初の死亡例確認
  • 1月15日:死者計2名
  • 1月19日:広東省深セン市で1人の感染確認
  • 1月20日:北京市大興区、広東省深セン市・珠海市、北京市、上海市で1での感染が確認
  • 1月20日:感染者数計218人
  • 1月21日:武漢市郊外で12名の感染確認
  • 1月21日:死者計9名
  • 1月21日:武漢市郊外で12名の感染確認
  • 1月21日:感染者数 計440人
  • 1月22日:荊州市でも6人の感染が確認
  • 1月22日:感染数は計570人
  • 1月23日:WHOが緊急事態宣言を見送り
  • 1月23日:武漢市の空港・鉄道・フェリーなどの交通機関が運行を全て停止
  • ※同日に鄂州市・天門市・仙桃市・潜江市・赤壁市・枝江市・利川市も市内の交通機関を停止
  • 1月24日:中国春節スタート
  • 1月24日:死者 計25人、感染数計830名
  • 1月24日:中国全土に感染が拡大
  • 1月24日:上海ディズニーランド閉鎖
  • 1月24日:日本 中国湖北省(武漢含む)への渡航を中止勧告へ(渡航レベル3に引き上げ)
  • 1月24日:フィリピン 武漢からの観光者500人を強制送還(コロナウィルスを受け)
  • 1月25日:新型肺炎の致死率は約3%との見解
  • 1月25日:感染者 計1200人、死者計40人
  • 1月25日:中国政府は海外旅行を事実上禁止を決定
  • 1月26日:感染者 計1975人、死者 計54人
  • 1月26日:日本 米国 武漢にいる日本人を帰国させる用意があると発表
  • 1月26日:新型肺炎の潜伏期間は10日で潜伏期間中に拡散させている可能性指摘 中国国家衛生健康委員会発表
  • 1月27日:死者計80人、感染者計2744人
  • 1月27日:香港 湖北省からの入境を禁止へ
  • 1月27日: WHOはウイルスの潜伏期間が推定2~10日であることを明らかにした
  • 1月28日:中国 北京で初の死者を確認
  • 1月28日:感染者計4515人、死者計106人
  • 1月28日:WHO 世界リスクを「高」に訂正

日本

  • 2020年
  • 1月16日:神奈川県内で日本初の感染症例を確認(既に回復済み)
  • 1月23日:全日空など複数の航空会社が武漢への運行を停止
  • 1月24日:日本で2例目の感染症例確認
  • 1月24日:日本 中国湖北省(武漢含む)への渡航を中止勧告へ(渡航レベル3に引き上げ)
  • 1月25日:日本で3例目の感染症例確認
  • 1月26日:日本 米国 武漢にいる日本人を帰国させる用意があると発表
  • 1月26日:日本で4例目の感染症例確認
  • 1月27日:日本 新型肺炎を「指定感染症」に指定
  • ※法律に基づいて強制的に措置が可能
  • 1月28日:日本で5,6例目の感染症例確認
スポンサーリンク

武漢渡航歴のない奈良在住の男性が国内感染!

国内感染者が6名になりました。

2020年1月28日(火)厚生労働省が奈良在住の60代男性が新コロナウイルスに感染したという発表がされました。

60代男性は中国武漢市への渡航歴がありませんでした

また、武漢市からの旅行者の40代男性にも感染され国内感染者が6名になりました。

60代男性の感染経路は?

60代男性はバスの運転手で武漢からのツアー客を2回乗せました。(1月8~11日と12~16日に東京都内)

最初は1月17日に奈良県内の医療機関を受診も検査結果に異常なし。その後、症状悪化のために25日に再受診しました。

その結果、コロナウイルスに感染したことがわかりました。

スポンサーリンク

まとめ

今回は

①【画像】新型肺炎の原因はヘビ?

②武漢市コロナウイルス時系列まとめ!

についてまとめてみました。

日本政府もフィリピン政府のようにパンデミックを防ぐ意味でも迅速な対応をして頂きたいと思います。

引き続き動向を追いかけていきたいと思います。

最後まで読んで頂きどうもありがとうございました。

あわせて読みたい!

  ⬇  ⬇  ⬇

【地図】都立荏原病院の場所は大田区のどこ?症状の出た方の搬送先に!

武漢帰国後に隔離しない政府に避難の声?フランスや韓国は2週間隔離!