【新元号】儲かる会社・業界は?最注目はカワセコンピュータサプライ?

2019年3月30日(土)

平成の時代が終わるまであと1ヶ月少々ですね。

明後日、2019年4月1日(月)11時30分には新元号が菅官房長官より公表される予定です。

世間では新元号は何になるのか?4月1日がエイプリールフールだからデマが拡散されるのではないか?新元号に便乗した詐欺事件が起きるのではないかなど、

いろいろと話題になっています!

そんな中、新元号になることで儲かる業界・会社ってどこなのだろう?いうことも話題になっているようです。

そこで今回は『【新元号】儲かる会社・業界は?最注目はカワセコンピュータサプライ?』について記事を書いていきたい思います。

【2019】新元号・予想ランキング最新!台湾の予想が酷いと話題に!

【新元号】儲かる会社・業界は?

それでは実際に新元号によって儲かる会社・業界はどこなのでしょうか。

結論から言いますと、印刷業界と製造業界

その中でも印刷会社、製版会社、貨幣・紙幣の変更に関わる会社が儲かる会社の有力候補と言われています。

以下の表は「新元号関連銘柄(元号変更関連銘柄)一覧」になります。

儲かる投資情報のカブ知恵

この中でも本命が2つ。1つは「光陽社」、もう1つは「日本金銭機械」です。

光陽社は高品位の印刷製品に業界のトップレベルであること、日本金銭機械は貨幣や紙幣の変更に必要な紙幣識別機が業界のトップレベルのために2大本命とも言われています。

儲かる投資情報のカブ知恵

【新元号】儲かる会社の最注目はカワセコンピュータサプライか?

先ほどは2大本命「光陽社」と「日本金銭機械」について書きましたが、2019年になってカワセコンピュータサプライが最注目との声があります

理由の1つ目は2019年1月7日にストップ高となり連日の急な伸びとなっていたこと。

カワセコンピュータサプライの株価チャート

理由の2つ目は2019年3月29日、つまり、昨日もストップ高で上場来高値更新されたからです。

カワセコンピュータサプライの株価チャート

*14:33JST カワセコンピュータサプライ—ストップ高、新元号関連として連日の急騰

カワセコンピュータサプライ<7851>はストップ高。連日の急伸となっている。新元号は4月1日に公表と伝わったことで、先週末から新元号関連の一角として人気化している。多くのビジネスフォームなどを供給しており、元号の変更に伴う特需発生期待が大きいようだ。新春相場では期待テーマに対する個人投資家の関心もより高まりやすく、同関連では同社のほか野崎印刷<7919>なども連日の急騰となっている。
《HH》

新元号関連株が軒並み高。4月1日の昼頃に新元号が発表される見通しであり、市場では改元に向けた注目度が高まっている。カワセコンピュータサプライ<7851>ストップ高で上場来高値更新。商業印刷などを手掛ける同社は金融機関との取引に強く、多くのビジネスフォームを供給していることから関心を集めている光陽社<7946>野崎印刷紙業<7919>の株価も急騰しており、改元で印刷特需に対する期待が高まっているようだ。また、改元に絡み印鑑やハンコへの特需期待が出ているAmidAホールディングス<7671>も一時ストップ高に買われた。

https://s.kabutan.jp/news/n201903280434/

これだけ、投資家の方々から大注目されているカワセコンピュータサプライさんは今回の新元号でかなり儲けが出るのではないかと思います。

カワセコンピュータサプライ株式会社とは

カワセコンピュータサプライ株式会社は設立が昭和30年、資本金12億超、年商30億超、従業員99名で東京証券取引所市場第二部上場(コード7851)している現在、ものすごい勢いのある印刷会社です。

https://www.kc-s.co.jp/
https://www.kc-s.co.jp/profile/

まとめ

【新元号】儲かる会社・業界は?

・儲かる業界は印刷業界製造業界

・儲かる会社は印刷会社、製版会社、貨幣・紙幣の変更に関わる会社

なかでも最注目は「カワセコンピュータサプライ株式会社」

以上、『【新元号】儲かる会社・業界は?最注目はカワセコンピュータサプライ?』でした!

最後まで読んで頂きどうもありがとうございました。


コメントを残す