ニュース

【画像】渋沢栄一,津田梅子,北里柴三郎とは?新紙幣発行いつから?

スポンサーリンク

2019年4月9日(火)午前1時をまわって少しすると速報ニュースが入ってきた!

こんな時間に速報ニュースって、何?

と、思ったら「政府が1万円札などの紙幣を刷新する方針を固めた 」という衝撃的な内容でした。

新しい1万円札には渋沢栄一、5千円札に津田梅子、千円札は北里柴三郎の3人を採用するとのことでしたが、一般的には知られていない偉大な方ばかりでした。

そこで今回は『 【画像】渋沢栄一,津田梅子,北里柴三郎とは?新紙幣発行いつから? 』について記事を書いていきたい思います。

【関連記事】

渋沢栄一が鈴木慶一とそっくりと話題に?二人の画像を比較してみた!
スポンサーリンク

【画像】渋沢栄一,津田梅子,北里柴三郎とは?

新1万円札の渋沢栄一とはどんな人物?

渋沢栄一プロフィール

・生年月日:1840年2月13日生まれ

・出身地:現埼玉県深谷市血洗島

・一橋慶喜が将軍職につくとともに幕臣となる。

・1873年第一国立銀行を設立。

・王子製紙、東京瓦斯、大阪紡績など生涯の中で500余りの会社設立に参加。

・「資本主義の父」と呼ばれた実業家

・財界引退後は社会・教育事業に携わった。

・1931年生涯の幕を閉じる。

新5千円札の津田梅子とはどんな人物?

津田梅子プロフィール

・生年月日:1864年12月3日

・生まれ:江戸の牛込南御徒町(東京都新宿区南町)

・岩倉使節団の一員として画家のチャールズランマン夫妻(ジョージタウン)の家に下宿。英語、ピアノ、キリスト教を学ぶ。

・明治11年以降はラテン語、フランス語、英文学、自然科学、心理学、芸術も学ぶ。

・明治16年に伊藤博文の英語指導や通訳として雇われて伊藤家に住み込む。

・明治33年;1900年に東京麹町区に津田塾大学(女子英学塾)を創立。

・日本における女子教育の先駆者と評される。

・1929年8月16日64歳で生涯の幕を閉じる。

新1千円札の北里柴三郎とはどんな人物?

北里柴三郎プロフィール

・生年月日:1853年1月29日生まれ

・日本の医学者、細菌学者

・貴族院議員

・現東京大学医科学研究所の創立者。

・ペスト菌を発見、破傷風の治療法の開発。

スポンサーリンク

【画像】新紙幣の発行はいつ頃から?

現在、2019年4月9日(火)午前2時ですが今のところある情報では早ければ本日9日中に麻生太郎副総理兼財務相が発表するとのことです。

詳しい情報が入ってから追記していきたいと思います。

追記:麻生太郎副総理兼財務相 より新貨幣の発行は2024年をめどに順次おこなって行くとの発表がありました!

政府が今回のように紙幣を新紙幣に刷新するのは20年ぶりだそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

令和の時代が来ると共にこれまでお世話になった諭吉さんたちがいなくなるのは寂しい限りですね。

以上、『【画像】渋沢栄一,津田梅子,北里柴三郎とは?新紙幣発行いつから?』でした。

最後まで読んでどうもありがとうございました。