池袋事故の加害者をさん付けの理由?顔画像と防犯カメラ映像でネット炎上!

2019年4月20日(土)

昨日4月19日(金)に非常に悲しい事故が起きました。

東京都豊島区の南池袋の交差点で87歳高齢者の運転するプリウスが信号無視をして横断歩道に突っ込み若い未来ある母子の大切な命を奪ってしまいました。

今回のこの事故は単なる事故で終わらせてはいけない今の日本の大きな社会問題の一つであることからネットでは常に大炎上をしている状況です。

そこで今回は『池袋事故の加害者をさん付けの理由?顔画像と防犯カメラ映像でネット炎上!』について記事を書いていきたいと思います。

関連記事はこちら ↓  ↓  ↓

元院長の表記に違和感!逮捕されないのは肩書きと思われて仕方ない理由!

【池袋事故】老人は免許返納いつすべき?免許更新の判定基準って何なん!

[動画]武田邦彦の老人イジメ発言は老害の見本?炎上した理由がヤバい!

池袋プリウス事故の加害者を「さん付け」の理由は?

多くのニュース報道ですごく違和感を感じたのが加害者を「さん付け」で表記されていることです。

その理由は加害者の飯塚幸三が元クボタ副社長であったこと、また、元通産省のお役人であったことから忖度して「さん付け」しているとの噂が広まっています。

そのことに対してネットでは常に大炎上をしている状況です!

スポンサーリンク

池袋プリウス事故のドライブレコーダーや顔画像、防犯カメラ映像の公開でネットは大炎上!

池袋プリウス事故のドライブレコーダーや飯塚幸三の顔画像と過去

炎上理由その1

NHKニュースの報道でも名前は公表せず87歳運転の車が・・と表記されていたことも炎上の一要因になっているのではないでしょうか。

炎上理由その2

ドライブレコーダーには事故直後に警察や救急車に連絡せずに息子に「アクセルが戻らなくなって人をいっぱいひいてしまった」と録画されていました。

炎上理由その3

飯塚幸三という名前が出てこない事。過去が俗に言うエリートだったことで名前など容疑をあやふやにしていること。

池袋プリウス事故の防犯カメラ映像の公開でネットは大炎上!

まとめ

以上、『池袋事故の加害者をさん付けの理由?顔画像と防犯カメラ映像でネット炎上!』でした。

最後まで読んで頂きどうもありがとうございました。

コメントを残す