ニュース

【動画】ten生放送事故で若一光司が激怒した理由は?賛否両論の声続出!

スポンサーリンク

2019年5月10日(金)の読売テレビニュース番組「かんさい情報ネットten」で生放送中にコメンテーターが激怒してしまうという事が起きました。

お笑い芸人藤崎マーケットのコーナー「迷ってナンボ!」のVTRを流した後の出来事でした。

このことに対してネット上では「スタジオ凍りついている」「放送事故だ」など多くの声が上がっていました。

そこで今回は『【動画】ten生放送事故で若一光司が激怒した理由は?賛否両論の声続出!』について記事を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

【動画】ten生放送事故で若一光司が激怒した理由は?

若一光司さん激怒の理由!

若一光司さんが激怒した理由は藤崎マーケットが一般人の方の性別を判断する際に胸を触ったり、免許を確認したりしたことです。

これに対して「許しがたい人権感覚の欠如。よくこんなもん放送できるね」と若一光司さんが完全にキレてしまいました。

問題の「許しがたい人権感覚の欠如」と言われたVTR。

↓   ↓   ↓

このVTRにたいして若一光司さんがブチ切れます。

↓   ↓   ↓

わたしもこのVTR動画を拝見しましたが、相手の方が人柄がよいことに乗じて行動がエスカレートしていったように見えました。

とても、不快感を感じました。

みなさんはどう思いましたか・・?

 

実際にネットユーザーたちのあいだでもこのVTR動画と若一光司さんがキレたことに対して、賛否両論の声が上がっていました。

おおもとのニュース記事



読売テレビのニュース番組「かんさい情報ネットten.」(月~金曜、後4・47)で10日、コメンテーターの作家・若一光司氏が、お笑いコンビ・藤崎マーケットが男性か女性かわかりづらい人の性別を知るために免許証を見せてもらうなどして確認したことに対して、「許しがたい人権感覚の欠如。よくこんなもん放送できるね」と怒り心頭に発し、生放送でスタジオが静まりかえる事態になった。

【写真】爽やかな笑みを浮かべる中谷しのぶアナ&澤口実歩アナ

 若一氏が激怒したのは、藤崎マーケットが街でさまざまなことをリサーチする「迷ってナンボ!」のコーナー。店の常連が男性なのか女性なのかがわからないという店員の依頼で当該人物に確認するという内容で、当初は恋人の有無や下の名前を聞いたり、胸を触ったりしていたが、最終的には免許証を見せてもらい“解決”した。

 このVTRに若一氏が激怒。「あのね、男性か女性かという聞き方、許しがたい人権感覚の欠如ですね。個人のセクシャリティにそういう形で踏み込むべきじゃないです」とバッサリ。中谷しのぶアナウンサーや澤口実歩アナ、小島康裕解説デスク、ライセンス・藤原一浩、菊間千乃弁護士がいたが、誰も一言も発せないままだ。

 若一氏は「こんなもんよく平気で放送できるね。報道番組として、どういう感覚ですか。ちゃんと考えろよ」と語気を強めた。中谷アナが「皆さんの悩みを聞きながらということですから…」とフォローしようとしたが、それを遮り、「たとえご本人がテレビに出ることを了解しているとしても、個人のセクシャリティにそういうアプローチをすること自体が人権感覚、人権意識にもとります」と、憤まんやるかたないようだった。

 ネットでは「放送事故になっとる」、「生放送にブチ切れやばい」、「急に凍り付いた」といった声が並ぶ一方、「取材された当事者がOKなんだから」と、VTR放送を擁護する声もあった。

 なお、番組ラストでは、和歌山・白浜のパンダの話題に、若一氏をはじめ出演者一同が笑顔を見せていた。

 若一氏は地元大阪の歴史や、イスラエル問題、第2次世界大戦の日本軍一等兵を扱った著作で知られる。

引用;デイリースポーツ

スポンサーリンク

ten生放送中の若一光司の激怒に賛否両論の声続出!

VTRや激怒に対して反対の声

若一光司さんの生放送での激怒に関してはネットをたくさん調べましたが、反対の声のほうが圧倒的に少なかったように思います。

賛成と擁護の声はどうなっているのでしょうか。

激怒に対しての賛成と擁護の声

>最近ではテレビに出られる方はその番組の意向に合わせるためにご自身の声を全く言えない場合が多いと感じていました。今回の若一光司さんのコメントには勇気をもらいました。

>「若一光司さんよく怒ってくれました。よくないことはよくない、間違っていることは間違っている」多くの方が同じ心境だったと思います。

>「 生放送だから。とか関係ないだろ。」好感度ばかりを優先してしまう出演者が多い中で、ご自分の意見を貫ける存在の若一光司さんは今のテレビ界で貴重な存在だと思いました。

> 酷い企画に驚いた。コメンテーターには救われたけれども。
「怒りの表明」、そして「その場で怒る」ということが、
いかに大切なことかを見せてくれた。

まさにおっしゃる通りですね。共感いたします。

> 「今はLGBT等セクシャリティの問題がありますので、放送すべきではないです。」放送する側はもっと責任をもって制作に取り組んで頂きたいものです。

 

 

賛成と擁護の声が9割以上を占めている印象でした。

たしかに、あの藤崎マーケットのインタビューの仕方は見ていて不快でしたし、その放送を上司の方が確認しているはずですから、今回の報道番組tenに関しては悪い印象が残ってしまいました。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

一昔前まではテレビの放送を受け取るほうがメインでした。

しかし、今ではリアルタイムでこちら(視聴者)側の意見が反映されるのでどんどんテレビやマスコミなどの悪しき習慣を改善していければいいなと強く思いました。

以上、『【動画】ten生放送事故で若一光司が激怒した理由は?賛否両論の声続出!』でした。

最後まで読んで頂きどうもありがとうございました。