川崎襲撃事件の現場はどこで犯人の動機や顔画像は?安全確保に課題!

2019年5月28日(火)朝からショッキングなニュースが入ってきました。


午前7時45分ごろ神奈川県川崎市多摩区の登戸駅の近郊で無差別通り魔事件が起きました。

被害に遭ったのはスクールバスを待つ女子児童ばかり13人、10~30代の大人3人だそうです。
今回はこの『川崎襲撃事件の現場はどこで犯人の動機や顔画像は?安全確保に課題!』について調べていきたいと思います。

 

関連記事はこちら
  ↓  ↓  ↓

【動画】清永奈穂が川崎殺傷事件を笑い顔でいい機会と発言?ネットは大炎上!

【川崎殺傷事件】岩崎隆一容疑者の住所は多摩美?性格や顔画像も調査!

川崎襲撃事件の現場はどこで被害状況は?

事件の現場はどこ?

現場は小田急線とJR線が走る登戸駅付近といわれています。

引用:産経新聞

12時30分、現在の被害状況は?

12時30分現在の被害状況は39歳の男性と小6女子児童の2名が亡くなりました。ほかには男女14名が負傷している状況です。

神奈川県警は殺人の疑いで捜査に取りかかっています。

28日午前7時45分ごろ、川崎市多摩区登戸新町の路上で、通勤途中の女性から「複数の通行人が刺されている」と110番があった。神奈川県警が、通行人を刺したとみられる男の身柄を確保したが、その後に死亡した。さらに小学6年生の女児1人と30代男性も死亡が確認された。この他、男女14人が負傷した。現場の状況から通り魔事件の可能性があり、県警は殺人の疑いで捜査する。

県警によると、現場に駆けつけた警察官が、植え込みの横で体から血を流して倒れている男を発見。近くに血が付着するなどした包丁2本が落ちており、県警は事件に関与した疑いがあるとして、この男の身柄を確保した。川崎市麻生区に住む51歳の男とみられ、自分で首のあたりを刺し、搬送先の病院で死亡が確認された。県警は身元や動機の解明を急いでいる。

 現場は小田急線登戸駅の近くで、県警によると同駅から北西に約1.5キロにある私立「カリタス小学校」(川崎市多摩区中野島)のスクールバスを待っていた小学生らが襲われたとみられる。事件を目撃した人は「両手に包丁を持った男がスクールバスに向かってきて、いきなり並んでいる子どもを刺した」などと話しているという。

 川崎市消防局によると、負傷者らは聖マリアンナ医科大病院や川崎市立多摩病院、新百合ケ丘総合病院、日本医科大武蔵小杉病院に搬送されて治療を受けた。


 目撃情報によると、現場付近の歩道には少なくとも約50メートルにわたって複数の被害者が倒れていた。バス停近くに止まっていたスクールバスのそばに小学生とみられる女児が倒れ、その西側に大人2人が倒れていた。心臓マッサージを受けている被害者もおり、腹部周辺に血がにじんでいたという。

 神奈川県私学振興課によると、カリタス小学校(内藤貞子校長)は、学校法人カリタス学園が1963年に設立した。カトリック教育を重視し、系列の幼稚園や中学校、高校がある。昨年度の児童数は647人(男子63人、女子584人)。小田急線・JR線の登戸駅から学園まで、スクールバスを運行している。【池田直、国本愛】



引用:毎日新聞
スポンサーリンク

川崎襲撃事件の通り魔犯人の動機や顔画像は?安全確保に課題!

犯人の動機や服装、顔画像は?

襲撃事件を起こした犯人は保険証から川崎市麻生区に住む51歳の男性とみられています。

全身黒っぽい服装(黒のTシャツ)。体は大きくガッチリしていてスキンヘッド。との情報が目撃者のテレビインタビューによって知りました。住まいの最寄り駅はよみうりランド駅。

犯人が自害してしまったため、動機や顔画像の情報は今現在ではありませんでした。

犯人の男は朝ふつうに近隣住民にあいさつをしてきたとのことです。

しかし、背負っていたリュックには4本の包丁が入っていたようです。

よみうりランドから電車に乗り登戸駅に降りて現場に直行したとみれれています。

犯行現場につくと豹変して「ぶっ殺してやる」と刃物を両手に持ち、スクールバスに乗り込もうとしてたカリタス小学校の児童たちを刺していったとの事です。

子どもたちの安全確保に課題が山積み!

学校に通う子供たちがまた狙われた。学校現場は安全確保に努めてきたが、事件は後を絶たない。子供たちをどう守るのか。あらためて問われている。

 子供の安全に詳しい大阪教育大学教育学部の小崎恭弘准教授(保育学)は、「過去の犯罪でも、こうした場合に子供自身が身を守るのは不可能だ」と指摘。「今回の事件が悪意を持って子供を狙ったのかどうかは分からないが、社会の中で脆(ぜい)弱(じゃく)であり、判断力が弱い子供が被害に遭うケースは多い」と話した。

 平成13年6月に発生し、今年で事件から18年となる大阪教育大付属池田小の児童殺傷事件などをきっかけに、学校の安全対策は強化。地域住民やPTAなどによる通学路の見守り活動も増えている。

 ただ、小崎准教授は「それだけですべての子供を守るのは難しい」と強調する。

 米国などでは小学生でも親が送迎しているとして、「今回の事件は、日本社会の安全神話が崩れていることを示す象徴的な事件。親が送迎することも含め、私たちはこうした現実に立ち向かわなければならない」と話していた。

 また、セコムIS研究所(東京都三鷹市)の舟生岳夫主務研究員(50)も「(周囲の大人や子供に)危険な兆候を見逃さないセンサーの感度がどれだけあるかで多少は違うかもしれないが、事件を防ぐのは非常に難しい」と語った。

 子供を持つ家庭で、できる対策にはどんなことがあるのか。舟生研究員は「保護者が『子供を取り巻く環境に絶対安全はない』と認識し、もう一度、自分たちの通学路で起こりうる危険について家庭で話し合ってほしい」という。

 さらに、「子供が『あれ?』と思う違和感が少しでもあれば速やかにその場を離れるなど、具体的に身を守る方法を教えた方がいい」とも話していた。

引用:産経新聞

ネット上での声は

スポンサーリンク

まとめ

被害にあわれた方のご冥福をお祈りします。

また、怪我をされている方々もはやく回復されるようにお祈りします。

以上、『川崎襲撃事件の現場はどこで犯人の動機や顔画像は?安全確保に課題!』でした。

最後まで読んで頂きどうもありがとうございました。

コメントを残す