ニュース

G20交通規制の範囲や場所、時間はどのくらい?地図や画像でリサーチ!

スポンサーリンク

2019年6月28日(金)から2日間にわたりG20大阪が開催されます。

G20の開催にあたって、関西3空港(関西国際空港、大阪国際空港、神戸空港)も日本・関西の玄関口として利用されることになります。

そこで今回は『G20交通規制の範囲や場所、時間はどのくらい?地図や画像でリサーチ!』について記事を書いていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

G20交通規制の範囲や場所、時間はどのくらい?

交通規制の範囲と場所

G20交通規制の範囲や場所は会場となる大阪国際見本市会場(インテックス大阪)はじめ、そこから各国首脳の宿泊されるホテルやその周辺まで広範囲にわたって交通規制が行われます。

また、合計で4日間(6月27日~30日)が交通規制の対象となります。

G20自体は6月28日と29日の2日間、前後の27日と30日は主に移動の時間になります。

これらの4日間にかけて、
大阪市内・高速道路・空港周辺において、長時間・大規模な交通規制が実施されます。

交通規制の時間と曜日

時間は午前6時頃から翌午前0時頃までと言われています。

曜日別に見ると

曜日別スケジュール~交通規制~

◆ 6月27日(木曜日)

  • 阪神高速道路環状線を中心とした複数路線と湾岸線上りにおいて通行止め規制を最長早朝から深夜まで継続して実施

◆ 6月28日(金曜日)

  • 阪神高速道路環状線を中心とした複数路線において通行止め規制を早朝から深夜まで継続して実施
  • 湾岸線上りにおいて通行止め規制を早朝から午前中まで継続して実施

◆ 6月29日(土曜日)

  • 阪神高速環状線を中心とした複数路線において、通行止め規制を早朝から深夜まで継続して実施
  • 湾岸線下りにおいて通行止め規制を午後から深夜まで継続して実施

◆ 6月30日(日曜日)

  • 阪神高速環状線を中心とした複数路線と湾岸線下りにおいて、通行止め規制を最長早朝から深夜まで継続して実施

(注意)ただし、記載の高速道路以外でも状況により通行止め規制を行う場合があります。

スポンサーリンク

G20交通規制の地図や画像でリサーチ!

阪神高速の大阪市内中心部

関空からりんくう方面

各エリアについて

大阪市内全体

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

G20交通規制の範囲や場所について

時間はどのくらい?地図や画像でリサーチ!

以上、『G20交通規制の範囲や場所、時間はどのくらい?地図や画像でリサーチ!』でした。

最後まで読んで頂きどうもありがとうございました。