【最新】熊本の雨で通行止めや被害状況は?雨雲レーダーで今後の天気を予想!

2019年6月30日(日)梅雨前線の影響で西日本とくに熊本県などで非常に激しい雨が降りました。

熊本県はじめ各地で避難勧告が出されていました。

今回は6月30日20時現在『【最新】熊本の雨で通行止めや被害状況は?雨雲レーダーで今後の天気を予想!』について調べてきたいと思います。

【最新】熊本の雨で通行止めや被害状況は?

【最新】熊本の雨で通行止めはどこ?

20時現在、八代インター付近が大渋滞との情報がありました。

八代IC↔益城熊本 高速道路通行止め

山都中島西 IC↔小池高山IC   高速道路通行止め

2019年6月30日20時40分現在

2019年6月30日20時40分現在
スポンサーリンク

【最新】熊本の雨での被害状況は?

20時現在、熊本県には「線状降水帯」が発生している模様です。

これまでの被害状況は?

熊本県益城町の川が氾濫している状況です。

道か川かわからない状況との情報がありました。

木山川と岩戸川からあふれた水は周囲の水田に流れ込んだ画像

            ⬇  ⬇  ⬇

熊本県益城町砥川、井岡諒撮影
引用:https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/rainstorm/43/
引用:https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/rainstorm/43/
引用:https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/rainstorm/43/
引用:https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/rainstorm/43/
引用:https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/rainstorm/43/

梅雨前線の影響で30日は西日本を中心に局地的に非常に激しい雨が降り、熊本県などの各地で避難勧告が相次いだ。

東日本では7月1日、西日本で3日ごろまで大雨になり、総雨量が増えるとして、気象庁は土砂災害、河川の増水・氾濫、低い土地の浸水に厳重な警戒を呼び掛けた。落雷や竜巻などの激しい突風の恐れもある。

 気象庁によると、30日午後までの24時間雨量が200ミリを超えた熊本県付近で積乱雲が次々と発生し大雨をもたらす「線状降水帯」が発生した。

線状降水帯は7月1日にかけても九州などで発生する可能性があり、非常に激しい雨が数時間続くこともあることから十分な注意が必要だ。

共同通信より引用
スポンサーリンク

熊本県20時現在、雨雲レーダーで今後の天気を予想!

雨雲レーダー

6月30日(日)19時半~21時までの雨雲レーダーの様子です。

6月30日(日)19時半現在の雨雲レーダーの様子です。
6月30日(日)20時現在の雨雲レーダーの様子です。
6月30日(日)20時半現在の雨雲レーダーの様子です。
6月30日(日)21時現在の雨雲レーダーの様子です。
スポンサーリンク

今後の天気の予想は?

雨はこの後も続き、明日にかけて再び局地的に雷を伴った非常に激しい雨が断続的に降り続く恐れがあるとの事です。

地域によってはあす夕方までの雨の量は多いところで250ミリの予想だそうです。

今後も土砂災害や浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。

また、くれぐれも命を最優先してください。

活発な梅雨前線の影響で熊本県内は未明から大雨となり、現在も12の市町村に大雨警戒レベル4の避難勧告が発令されています。

気象台は、1日にかけても厳重な警戒を呼びかけています。

未明からの雨で宇城市三角では午前6時までに1時間に67ミリの非常に激しい雨を観測し、3時間雨量は観測史上最も多い記録となりました。

降り始めからの雨の量は南阿蘇村で280ミリを超えています。

益城町では田植えを終えたばかりの田んぼや畑が広い範囲で冠水していました。

また、これまで雨が少なく川底が見えていた白川も増水しています。

県内では12の市町村に大雨警戒レベル4の避難勧告が発令されています。

熊本市の避難所に身を寄せた人は。

「(雨の音が)ザーザーで朝眠れなかった。寝せてもらうだけでもありがたいと思って。」

「1人でいたら怖いから明るいうちに避難した。足が悪いからバタバタできないんですよ。」(避難してきた人)

午後4時の段階で県内では自主避難も含めると235人が避難しています。

雨がひどくなる前、そして明るいうちの避難を心がけて下さい。

雨はこの後も続き、あすにかけて再び局地的に雷を伴った非常に激しい雨が断続的に降り続く恐れがあります。

あす夕方までの雨の量は多いところで250ミリの予想です。

今後も土砂災害や浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。

スポンサーリンク

まとめ

引き続き警戒が必要な状況です。

近隣住民の方々は命を最優先に考えて慎重かつ迅速に行動してくださいね。

以上、『【最新】熊本の雨で通行止めや被害状況は?雨雲レーダーで今後の天気を予想!』でした。

最後まで読んで頂きどうもありがとうございました。

コメントを残す