石垣島の12月の天気と気温は・・・服装はどんな格好がいいのだろうか!?

初めての石垣島!雑誌やパンフレットに載っているきれいな川平湾の風景。

竹富島の赤瓦の屋根が特徴の集落の風景、海を渡る水牛の姿、または西表島のマングローブの風景が代表的で有名ですね!

石垣島の12月は基本長袖があれば大丈夫と書いてあったが実際はどうなんだろう?

そんな思いをされる方も少なくないのではないでしょうか?

私はやや心配性なのでいつも現地の方に直前に確認してしまいます(笑)

そこで今回はスキューバダイビングをする関係で石垣島にこの時期3回以上足を運んだからこそわかる、

快適に過ごすための悪天候対策や服装をご紹介していきましょう!

石垣島の12月の天気と気温

石垣島の12月の気温は本州と比べると暖かいです。天気は晴れる日が夏と比べると減ってきます。

私はダイビングを趣味としているのでダイビングショップの方からの情報を大切にします。

実際に12月の各平均気温は以下のとおりです。

平均気温は20.1度、最高気温平均22.7度、最低気温平均18度になります。

気温だけを見ていると何となく安心してしまいそうです。

ただし、あくまでも平均気温なので寒さ対策は忘れないでくださいね。

日差しは日中は強いので肌を気にされる方は日焼け対策も必須です!

晴れていて普通に買い物をしていたら、天気が急変して通り雨にやられてしまったこともありました(笑)

 

石垣島の12月の服装

12月の石垣島の服装はガイドブックなどに書いているように長袖シャツがあれば大丈夫です!

ただ、北風が吹くと実際の気温よりも体感気温で寒く感じるので、ウインドブレーカー的なものを持っていくことをおすすめします!

昼間は太陽が出ている時は私(男性)は半袖が快適でした!妻は日焼けをしたくないので長袖と日焼け止めクリームで日焼け防止対策をしていました。

夜は気温がぐっと下がるので長袖にパーカーやウインドブレーカー的なものがあると良いですよ!

まとめ

石垣島は自然はもちろんのこと、市街地も夜は飽きることなく散策して楽しめます!

ただ、天候は気温が下がったり、急に雨が降ったりと変わりやすいので要注意です。

準備不足で体調を崩さない為にも服装の用意には十二分に気を付けてくださいね!

冬のシーズンは観光客が少ないの為、待つストレスがなくなるのが魅力の一つです。繁忙期にはお土産屋さんは人で溢れかえっていますが、冬はかなり解消されます!

観光をより楽しく過ごせるようにするために寒さや急な雨対策をしておくと良いですよ。私は通り雨にやられてしまいましたが、いざという時に「良かった~」と思えるように準備してくださいね。

以上、12月の石垣島の天気と気温、服装についてでした。

 

コメントを残す