女優

能年玲奈(のん)の現在が悲惨はウソ?ユニクロCM以外の仕事もヤバい!

スポンサーリンク

2019年8月20日(火)しばらくテレビ出演がなかった女優ののん(能年玲奈)さん。

今日はそののんさんがユニクロのCMに出演されることが決まったというニュースが入ってきました。

のん(能年玲奈)さんはNHK連続ドラマ小説「あまちゃん」に出演以降は干されてしまったという噂もありました。

でも、実際はその真逆でアジアなどで超人気だそうです。

そこで今回は『能年玲奈(のん)の現在が悲惨はウソ?ユニクロCM以外の仕事もヤバい!』について記事を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

能年玲奈(のん)の現在が悲惨はウソ?

のん

実はのんさんは日本の俳優の中でもトップクラスの手取り収入があるようです。

ということで現在が悲惨というのは単なるガセネタに過ぎなかったのですね。

NHK連続ドラマ小説「あまちゃん」で超絶な人気を得た2013年。

人気が出てから天狗になって態度が悪い。

そんなような噂があちこちで立っていたようです。

その結果、テレビ業界から干されてしまいテレビ出演はおろか、

現在は悲惨なことになっているというガセネタが出回ったようです。

スポンサーリンク

能年玲奈(のん)はユニクロCM以外の仕事もヤバい!

ユニクロのCM

現在、のんさんは女優の仕事以外でもアーティストとしても活躍されています。

実はに日本のテレビでCMに出るのはひさしぶりですが、

海外など含めると、トータルで20社のCM契約を結んでいるそうです。

そのスポンサーがマルコメ、ラスクル、、神戸新聞、岩手銀行、メンソレータム社、アジアパシフィック(香港)などです。

また、アーティストとしても活躍をしており、CMと合わせるとかなりの収入を得ているそうです。

そんな、のんさんがユニクロのCMを通じて、テレビに帰ってくることでネットでは歓喜の声が多数寄せられています。

 

女優やアーティストとして新たな挑戦を続ける開拓者のんが、

美脚の概念を変える「ユニクロ」のカーブパンツを力強く表現。

カーブパンツを着用した女性がヒーローになるというコンセプトを、

のんがピッチャーマウンドに立ち見事なカーブを投球することにより表現し「カーブパンツを決めるだけで、新しい自分に出会えた女性」を、い

きいきと自信にあふれた表情で演じる。

 のんは「UNIQLOのカーブパンツ、

マウンドに立ちカーブを投げる。かっこよく、

洒落の効いたCMに参加できてとても楽しかったです。

この機会にドームのマウンドに上がれたのも感動しました。

のんをかっこよくキメてくれたカーブパンツ、絶妙な曲線美が素敵です」と大喜び。

 「CMに流れる椎名さんの歌声。最高すぎる! 私は歌詞を読んで心臓撃ち抜かれました。

“ただ生きる”ことの純粋さがマウンドに立つ静けさと重なり、

自分自身の今に重なる。

性別も年齢も関係のない時間の中で今を生きる。

かっこいい…。自分の心情にも呼応して胸が熱くなりました。

“今を生きる”女性達に、カーブパンツを選んでいただけたらなと思います」とコメントしている。

 

アーティストのん『涙の味、苦い味』

マルコメCM

ラスクルCM

神戸新聞CM

岩手銀行CM

スポンサーリンク

ネット上の反応は?

のん(能年玲奈)のプロフィール

のんプロフィール
  • 名前:能年玲奈
  • よみがな:のうねんれな
  • 芸名:のん
  • 生年月日:1993年7月13日
  • 出身地:兵庫県神崎郡神河町
  • 身長:166cm
  • 血液型:A型
  • 職業:女優、ファッションモデル、アーティスト
  • 事務所:レプロエンタテイメント(2006~2016年)
  • 現事務所:non(2016年~)
スポンサーリンク

まとめ

のんさん、とてもイキイキていて元気がもらえます。

これからののんさんの復活と活躍を楽しみにしています!

以上、『能年玲奈(のん)の現在が悲惨はウソ?ユニクロCM以外の仕事もヤバい!』でした。

最後まで読んで頂きどうもありがとうございました。