政治

【衝撃】黒川検事長の退職金は税金から!約7000万円全額支給にネット炎上?

 

2020年5月22日(金)3密賭けマージャン問題で黒川検事長が辞職することになりました。

そんな中、退職金が約7,000万円の全額支給されるということについてネット上では大炎上しているようです。

そこで今回は『【衝撃】黒川検事長の退職金は税金から!約7000万円全額支給にネット炎上?』

について記事を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

黒川検事長wiki風プロフィール

  • 名前:黒川弘務
  • よみがな:くろかわひろむ
  • 生年月日:1957年
  • 出身地:東京都
  • 出身高校:早稲田高等学院
  • 学歴:東京大学法学部
  • 職業:国家公務員(検察官、法務官僚)
スポンサーリンク

【衝撃】黒川検事長の退職金は税金から!

黒川検事長の退職金は私たちが苦労して稼いだお金から支払っている税金から出ます

検察官は法務省に所属する国家公務員になります。

公務員の給与は基本は税収の中から支払われます。

この事実を考えると本当に国民をバカにしているとしか思えません。

スポンサーリンク

ネット炎上の理由①訓告処分の理由が賭け金のレート?

賭けマージャンで辞任する黒川検事長に『訓告』処分は甘すぎると非難を浴びています。

その理由は

「人事院の指針では、賭博をした職員への処分は減給、または戒告。常習賭博の場合だと、それよりも重い停職とされている」

にもかかわらず訓告という軽い処分ですんでしまっているからです。

さらに「訓告」にした理由が

森法相によると「例えば(マージャンの)レートとか、本人の態度を総合的に考慮し、処分した」

と賭けマージャンのレートが基準になっているという本当にあり得ない話が現実に起きているのが今の政府です。

国家公務員の処分は、懲戒処分として重い順に、免職、停職、減給、戒告があり、それより軽いのが、訓告や厳重注意など。

人事院の指針では、賭博をした職員への処分は減給、または戒告。

常習賭博の場合だと、それよりも重い停職とされている。

ネット炎上の理由②約7000万円全額支給される!

黒川検事長は賭博という犯罪を犯してしまいました。

通常であれば懲戒処分を受けて当然であるのにもかかわらず、退職金およそ7,000万円が全額支給されるというおかしなことが起きています。

新型コロナの影響で国民が困っているにもかかわらず、現金10万円支給は渋りまくる政府。

賭博という犯罪をした黒川検事長にはすんなり退職金およそ7,000万円を支払ってしまう政府って何・・?

って正直思いました。

第185条賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

ネット炎上の理由③退職金は税金から支払われる!

今回、3密で国民が自粛している最中に賭けマージャンをしていた黒川検事長。本来ならば退職金など支払うべきでない状態で約7,000万円が税金から支払われます。

そのことに対して多くのネットユーザーのみなさんは憤慨しています。

スポンサーリンク

まとめ

今回は

①【衝撃】黒川検事長の退職金は税金から!

②約7000万円全額支給にネット炎上?

についてまとめてみました。

国民の誰もが納得のいかない今回の問題。

黒川検事長はどのような思いでいらっしゃるのでしょうか。

ヒカキンさんのような善意で1億円を寄付する方を見習ってほしいものですね。