歌手

【動画】チャラユキが超かわいい!Chara&YUKIのwiki経歴は?

スポンサーリンク

2019年11月26日(火)Chara(51)とYUKI(47)によるユニット、

『Chara+YUKI(チャラユキ)』が、20年ぶりに復活するという嬉しいニュースが入ってきました。

二人ともソロでも超人気のアーティストだけにネット上ではかなりの話題になっているようです。

そこで今回は『【動画】チャラユキがかわいい!Chara&YUKIのwiki経歴は?』について記事を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

【動画】 Chara&YUKI(チャラユキ)が超かわいい!

20年経ってもかわいいチャラユキ最高!!!

チャラユキって20年も前だったのね。ビックリしたわ。2人とも相変わらずかわいい〜っ

チャラユキかわいい、なにこれ。オシャレすぎる!!

おおおおー!!? チャラユキ復活!!めっちゃ凄いニュースや! しかも今回はミニアルバム!しかもしかもライブもするやってさ!
愛の火3つ、オーレンジ!ゆーらーりー!ゆーらーりー!

chara+YUKI復活!!!!!!!! うぉーーーーーー!!! すんげーーーかわいいのきいてーーー! ライブ行きたい!!

Chara+YUKIが20年ぶりだって
今朝、自転車で転んだ膝の痛みも ぶっ飛ぶほどの嬉しいニュース♡ ライブ行きたーいっっっ !!!

チャラユキの復活は本当にヤバい。愛の火3つオレンジがリリースされた時はもう、青文字系女子の神と神がコラボしたわけだから下々の民はもう平伏すしかなかった。ライブ絶対行きたい。汚い手使っても行く。

チャラユキ20年ぶりって…20年後もかわいいって何なの?てか、あの歌20年前なの?

チャラユキが1999年に結成された頃は本当にすごいことでした!

あれから20年の時を経てチャラユキ再結成なんてニュースは嬉しくて嬉しくてたまらないファンが続出です。

ちなみに以下の文章は1999年チャラユキ結成したときの記事です。

幅広い層の女性達を中心に絶大なる支持を得ているCHARAとJUDY AND MARYのYUKIが11月26日にマキシシングルをリリースすることになりました。

このスペシャルなふたりの新曲は10月22日から「サッポロ冬物語CFソング」としてオンエアされます。


1993年JUDY AND MARYのデビューの年、エピック・ソニー(当時)で最初の出会いを果たしたCHARAとYUKIは、伝説の音楽番組「eZ a Go! Go!」の楽屋での再会等を経て、CHARAとYUKIがツインドラムを担当するギャルバンドを結成し、今年の春には5月に発売された女性ファッション誌「Zipper」6月号の表紙・グラビア撮影のため揃ってロンドンへ。(この号は数日で完売!)

それらの交流の中で今回の共演が実現しました。楽曲の全貌については9月後半の完成が待たれますが、アレンジとre-mixをソロアーティストとしても活躍している浅田祐介が担当しています。


この夏のテイ・トウワとのコラボレーションが記憶に新しいCHARAは、16日大阪フェスティバルホールからスタートした全国ツアー「CHARA STRANGE FRUITS THE CONCERT」を展開中。(~10月27日NHKホール)12月には第2子を出産します。


そして、YUKIはプロデューサーとして活躍している佐久間正英らとスーパーバンド「Nina」を結成。7月にリリースしたシングル「Happy Tomorrow」がヒット中。今後2ndシングル・1stアルバムをリリース予定。90年代の最後の冬を彩る、CHARA+YUKI(「チャラユキ」と読みます)にご期待ください!


(※注)「サッポロ冬物語のCFでオンエアされているのはM-1に収録されているオリジナル・ヴァージョンです。

サッポロ冬物語キャンペーンで告知されているCHARA+YUKI<冬物語>プレミアムヴァージョンCDには当商品に収録されていない別ヴァージョンのRE-MIXとオルゴールヴァージョンが収録され、オリジナルヴァージョンは収録されていませんので、ご注意ください。

スポンサーリンク

【画像】Chara&YUKIのwikiプロフィールや経歴は?

Charaはどんな女性?

CHARA
wiki風プロフィール
  • 名前:CHARA
  • 生年月日:1968年1月13日
  • 出身地:埼玉県川口市
  • 血液型:AB型
  • 職業:ミュージシャン、女優、音楽プロデューサー
  • 所属:ユニバーサルミュージック
  • ジャンル:JPOP、ソウル、R&B、オルタナティブ・ロック
  • 担当楽器:ボーカル、ギター、ピアノ
  • 共同作業者
  • YEN TOWN BAND
  • Mean Machine
  • Chara+YUKI
  • Chara with THE 99 1/2
「CHARA+YUKI」を結成するまでの経歴

【CHARAの生い立ち】

CHARAさんは父、母、妹の4人家族の長女として育ちました。

4歳からピアノを始めて、小学校の頃からはなんと作曲を始められました。

9歳の時にCHARAというニックネームがついたそうです。

ニックネームの由来は、当時発売された粗挽きソーセージの「あらびき」とcharaの旧姓の語感が似ていたために「粗挽き」と呼ばれるようになりました。

そのことが始まりで、「チャラびき」に変化した後、学校の先生に「チャラ」と呼ばれたのが由来だそうです。

中学時代は『アメリカン・グラフィティ』や『Ain’t No Mountain High Enough』を歌うダイアナ・ロスなどに影響されたそうです。

高校入学後、『アメリカン・グラフィティ』に登場するローラースケート姿のウェイトレスへの憧れから、ローラースケートを始めたそうです。

※ローラースケートをしていたなんて、かなりアクティブなんですね。

高校時代はアマチュアバンドの手伝いでキーボードを弾いきながら音楽活動をされていました。

このころは曲作りには興味があったものの歌は勧められても歌わなかったそうです。

※今ではぼーかるのイメージしかないので意外ですね!

高校卒業後はピアノの調律の専門学校に入学するも、持っていたイメージとの相違が原因で1年で退学。

19歳の時に失恋をしたことがきっかけで曲が出来たため、それを歌うために20歳の時にボーカルに転身。

新宿RUIDOで初ステージを踏み、六本木のバーでローラースケートのウェイトレスとしてバイトをしながらライブ活動を続けていたそうです。

デビューは1991年9月のことでした。

デモテープがきっかけとなりエピックソニーより見事にデビューを果たしました。

  • 1991年:9月21日シングルCD『HEVEN』でデビュー
  • 1996年:主演映画『スワロウテイル』
  • 1996年:『Swallowtail Butterfly~あいのうた』大ブレイク
  • 1997年:5thアルバム『Junior Sweet』は120万枚を越えるミリオンセラー
  • 1999年: アルバム『STRANGE FRUITS』

1999年、YUKIと「CHARA+YUKI」を結成、シングルを発表。

同年、長男を出産されました。

そして、20年のときが経ち・・

2019年:「CHARA+YUKI」を再結成されました!!

YUKIはどんな女性?

wiki風プロフィール
  • 本名:倉持有希(くらもちゆき)
  • 名前:YUKI
  • 生年月日:1972年2月17日
  • 出身地:北海道函館市
  • 学歴:函館大谷短期大学
  • 職業:歌手、シンガーソングライター
  • ジャンル:JPOP、GIRLPOP
  • 担当楽器:ボーカル、ギター、ドラム
経歴
  • 1993年:9月22日 シングルCD「POWER OF LOVE」でデビュー。
  • その後も 「Over Drive」「そばかす」「クラシック」 連続でシングルヒットとなった。
  • 1997年:4thアルバム「THE POWER SOURCE」は250万枚を越えるビッグセールスを記録。
  • 1998年:12月26日初の東京ドームでのライヴ。

1972年2月17日、北海道函館市深堀町に生まれる。「希望が有りますように」という意味を込めて、祖父が『有希』と名付ける。

1991年6月、映画「いつかギラギラする日」の撮影のために函館市を訪れていた恩田快人と出会ったことがきっかけで、翌1992年2月にJUDY AND MARYを結成した

1993年、JUDY AND MARYのヴォーカリストとしてデビュー

1994年、4月からオールナイトニッポンのパーソナリティーを2年間務める。

1996年、『そばかす』がオリコンチャート初登場1位を記録。

1999年、JUDY AND MARYの活動を一旦休止。

7月、B-52’sのケイト・ピアソンらと結成したスペシャルバンド「NiNa」にシンガーとして参加。

11月、シンガーソングライターのCHARAとCHARA+YUKI』を結成する。

スポンサーリンク

ネット上の反応は?

もう一つのチャラユキ(チャラ幸)

スポンサーリンク

まとめ

今回は

①チャラユキが超かわいい!

②Chara&YUKIのwiki経歴は?

についてまとめてみました。

2020年チャラユキのツアーが開催されることを知りテンション上がりまくりです。

これからの2人の活躍が本当に楽しみです!

以上、『【動画】チャラユキがかわいい!Chara&YUKIのwiki経歴は?』でした。

最後まで読んで頂きどうもありがとうございました。