歌手

須田景凪の読み方、プロフィール経歴!アライブ主題歌はるなどりがヤバい?

スポンサーリンク

2019年12月17日(火)シンガーソングライター須田景凪さんが

松下奈緒主演ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』主題歌を担当することが決まりました。

ネット上ではかなり注目を集めているようです。

今回は『須田景凪の読み方、プロフィール経歴!アライブ主題歌はるなどりがヤバい?』

について記事を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

須田景凪の読み方、プロフィール経歴!

須田景凪さんの読み方は「すだ けいな」さんです

須田景凪プロフィールは?

出典: https://natalie.mu/music/gallery/news/356084/1186935
  • 名前:須田景凪
  • 別名:バルーン
  • 生年月日:○○年1月20日
  • 出身地:不明
  • 学歴:○○音楽大学
  • 職業:シンガーソングライター、ミュージシャン、作詞作曲家、編曲家、ボカロP
  • 事務所:A-Sketch
  • 所属レーベル:ワーナーミュージック・ジャパン内のレーベルであるunBORDE
  •  

須田景凪の経歴は?

  • 中学時代:バンド活動を開始。(ドラムを始める)
  • 大学時代:スタジオミュージシャンを目指し音楽大学に進学。ドラマーに限界を感じて作詞作曲を開始。
  • 2013年:4月『造形街』初作品をニコニコ動画に初投稿。ボカロP「バルーン」として活動を開始。
  • 2016年:10月代表曲『シャルル』を投稿。多くの歌い手によりカバー。
  • 2017年:10月「須田景凪」としてシンガーソングライターの活動を開始。
  • 2018年:1月31日に須田景凪として初アルバム『Quote』をリリース。
  • 2018年:3月16日に初ワンマンライブ『Quote』を渋谷WWWで行う。

    2019年:1月16日に1st EP『teeter』をリリース。(ワーナーミュージック・ジャパン内のレーベルであるunBORDEより)

    2019年:8月21日に2nd EP『porte』をリリース。

  • ・映画『二ノ国』主題歌に決定した「MOIL

  • ・TVアニメ「炎炎ノ消防隊」エンディング主題歌「veil」を含む5曲が収録される。同日、全作品のサブスクリプションが解禁。

スポンサーリンク

須田景凪のアライブ主題歌『はるなどり』がヤバい?

アライブ主題歌『はるなどり』

主題歌「はるなどり」は

ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」の

テーマ”生きる”ということに対してとても心を打たれる楽曲だそうです。

歌い出し「ふか~く♪」で視聴者の心がぐっと掴まれるような感じがしました。

ドラマプロデューサー太田大氏によると、

辛くて立ち止まってしまうこともある毎日の中で、ほんの一筋の光は確実に差していて、それを頼りに前に進んでいく。

深呼吸をして勇気を持って一歩を踏み出す後押しをしてくれるような曲です。

須田さんが企画骨子を汲み取って書かれた胸を打つ歌詞と美しい旋律がドラマを包み込んでくださること、とても楽しみにしています。

とコメントをされていました。

また、シンガーソングライター須田景凪さんからも直接コメント発表がありました。

須田景凪コメント全文!

出典:https://natalie.mu/music/gallery/news/327187/1141197

今回、ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」の主題歌を担当させて頂きました。
自分の中にある命への価値観とリンクする描写が多々あり、ゆっくり丁寧に制作しました。
冷たくも温かい物語に添う楽曲になったと思います。
ドラマと共に楽しんで頂けたら嬉しいです。
「はるどなり」宜しくお願いします。

この主題歌「はるなどり」にかける思いが短文ながらも、

一つ一つ丁寧に言葉を選ばれていて、

曲にかける熱い思いがとても伝わってきました。

そんな、ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」は

2020年1月9日(木)22:00~から放送開始するそうです。(※初回15分拡大。以降毎週木曜22:00~)

ドラマと共に須田景凪さんの活動がとても楽しみですね!

スポンサーリンク

ネット上の反応は?

スポンサーリンク

まとめ

今回は

これから大ブレイクを予感させるシンガーソングライター須田景凪さんについてまとめてみました。

YouTubeで一通り曲を聴かせて頂いたのですが、

歌詞はもちろんのこと曲調や声がきれいでファンになってしまいました。

これからメディアにどんどん露出していくようになると、

人気もいっきに上昇していくに間違いないですね。

最後まで読んで頂きどうもありがとうございました。