歌手

【感想】イエモン9999の意味や読み方は?レコ大最優秀アルバム賞でヤバい!

スポンサーリンク

2019年12月30日(月)

第61回日本レコード大賞が決まります。

最優秀アルバム賞には学生時代から大好きだった

イエモンの『9999』が選出されています。

今回は

『【感想】イエモン9999の意味や読み方は?1990全盛期を予感させる!!』

について記事を書いていきたいと思います。

あわせて読みたい!

  ⬇  ⬇  ⬇

【Mステ】イエモン吉井和哉の声が出ないと話題に?見逃した方必見動画付!

スポンサーリンク

イエモン『9999』の意味や読み方は?

意味

『9999』の意味なのですが

「“苦(く)”と同音の“9(く)”が4つで、『4人で苦労を超える』」

という意味です。

タイトルが本作が9作目のスタジオ・アルバムであることから着想したそうです。

読み方

『9999』の読み方はフォーナインです。

スポンサーリンク

【感想】イエモン『9999』レコ大最優秀アルバム賞でヤバい!

2019年12月に第61回全日本レコード大賞のアルバム最優秀賞に選ばれました。

2000年のイエモンのアルバム『8』から

19年の時を経て『9999』が2019年4月に発売されて選ばれるって本当にヤバいことですよね!

個人的には本当にうれしい限りです。

『9999』のタイトルや意味は今のイエモンに

とてもピッタリだなって思いました。

その理由は

①イエモンが2019年2月のMステで23年ぶりに

「太陽が燃えている」を歌った時のことです。

全盛期の頃をイメージしていたのですが、

あまりにも声が出ていなくて残念と心配という感情にかられてしまいました。

しかし、先日のMステウルトラスーパーライブのイエモンは

1990年代の全盛期のころを思い出させるくらいまで

声の調子が戻っていたように聞こえました。

スポンサーリンク

【動画】『9999』レコーディング風景がヤバい!in USA

STORY of THE YELLOW MONKEY

#01 – Recording in Los Angeles

#02 – Band members

#03 – “I don’t know”

#04 – 9 Questions

#05 – “9999” Listening Show

ネット上の反応は?

スポンサーリンク

まとめ

今回は

①【感想】イエモン9999の意味や読み方は?

②レコ大最優秀アルバム賞でヤバい!

についてまとめてみました。

イエモン『9999』に入っているすべての曲といっていいほど素晴らしいです!

今後のイエモンの活躍が楽しみです。

最後まで読んで頂きどうもありがとうございました。