観光スポット

宮古島でおすすめ!レンタカーで周るインスタ映え観光スポット~海編~

スポンサーリンク

せっかく貴重な休みと時間を使って来た南の島『宮古島』!

限られた時間の中でおもいっきり遊んで!おもいっきり満喫して!おもいっきり素敵な思い出をつくりたい!

こんなふうに思う方も多いのではないでしょうか?

そんな中、スマホ、デジカメや一眼レフカメラで撮った素敵な写真をSNSのインスタグラムやtwitter、facebookなどに挙げたいという声をよく聞きます(^^)

そこで今回は宮古島でおすすめのレンタカーで周るインスタ映え観光スポットTOP5~海編~について書いていきます!

スポンサーリンク

宮古島でおすすめのレンタカーで周るインスタ映え観光スポットTOP5~海編~

通り池

下地島にある”通り池”。

ここは龍神伝説が残るパワースポットとしてとても有名なところです。ここは国の天然記念物に指定されている池でもあります。

また、宮古島の有名なダイビングスポットで海から海底洞窟を抜けて池にもこれてしまうのです。

宮古空港からはレンタカーで約45分。伊良部大橋を渡り伊良部島を通過して下地島に渡ります。

ここでの撮影ポイントは遊歩道から見下ろす通り池!

遊歩道を挟んで左右に2つの池を見ることができるのであなたの好みで撮ってみてくださいね!

中之島ビーチ

宮古諸島の中でもとても綺麗なシュノーケルポイントとして、また、絶景のビーチとして有名な”中之島ビーチ”!

ここは天然のままの入り江なのでエメラルドグリーンと珊瑚とビーチ全体を写せるところがおすすめの撮影ポイントです。

シュノーケリング好きな人は12月、1月でも楽しめます!注意するのはたとえ晴れていても天気の急変によって気温が下がるのでウエットスーツの着用をおすすめします。

また、天然のままの地形のため、シャワーがありません(*_*)

シュノーケルなれしている人達は当たり前に何本か2リットル以上のペットボトルにお湯を入れて持参しています。

それで砂や海水を落としてくださいね!

佐和田の浜

宮古島からレンタカー約40分のところにある”佐和田の浜”。伊良部島と下地島の両方から見られます。

ここでの撮影ポイントは伊良部島の佐和田の浜から写す海です!海にはたくさんの天然の大小様々な岩が顔をのぞかせているからです。

ドライブをしながらこれらの景観を楽しむこともできます!もちろん脇見運転にならないようにゆっくり見たい時は車をとめて見てくださいね。

博愛わいわいビーチ

ここはガイドブックに載っていないことが多い穴場のビーチです。宮古島からレンタカーで約20分のところにあります。

宮古島でシュノーケル専門店の方から教えて頂いたビーチです。

ここでの撮影ポイントは海の中でウミガメと一緒に撮れるところです!

地元の方によるとかなりの高確率でウミガメとあえるそうです。

わたしがシュノーケルをしたときも15分位ガイドさんが探してくれて会うことができました(^^)

もちろん、野生のウミガメなので絶対会えるとは言い切れません。

そこはご了承ください。

絶対でないからこそ、レア感あって素敵な思い出になること間違いなしです!

八重干瀬

八重干瀬!!ここは宮古島でも最も有名なサンゴ礁と綺麗な熱帯魚が見れる場所です。

12月1月のこの時期は北風が強くダイビングショップさんでも行かないほうが多いのも事実です。

ここでの撮影ポイントは日本国内で最大級のサンゴ礁と色鮮やかな熱帯魚のシーンです!

しかし、夏の観光客がたくさんいるときと違って、海の中の透明度と色鮮やかな熱帯魚とサンゴ礁は言葉でいい表せないほどです!

八重干瀬に行くには必ずダイビングショップさん経由になりますので、ご注意くださいね。

※2016年の台風なしで起きたサンゴ礁の白化現象も去年の時点でだいぶ回復していました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

12月1月の冬のシーズンの宮古島もポイントをしっかり押さえれば、繁忙期シーズンとは違う楽しみ方がたくさん出来ます!

ドライブや景観を見るだけでもとても楽しいのですが、さらにビーチや海の中にいくと面白さ倍増です。

海外のダイビングをする仲間に言われるのが、日本人は沖縄、宮古島、石垣島など最高にキレイな海があるのになぜ海外に来る必要がある?

と聞かれるくらい素敵なところなんだと改めて認識させられたことがあります。

もし、機会があれば海にもチャレンジしてみてくださいね。

以上、宮古島でおすすめ!レンタカーで周るインスタ映え観光スポット~海編~でした!