【顔画像】韓国ミルク姫の名前の由来とは?インスタ動画も調査!

2019年4月10日(水)

韓国の財閥で大手乳業メーカー創始者の孫娘で通称ミルク姫が麻薬を使用したという疑いで逮捕されました。

というニュースが入りました。

このミルク姫は人気アイドルの元東方神起で現在JYJのユチョンと一時は婚約をしていた。

この大手乳業メーカーと南陽乳業で韓国国内のシェア第2位、総資産1000億円超の韓国10大財閥の一つだそうです。

そんな財閥の創始者の孫娘のミルク姫とは一体どんな人物なのでしょうか?

そこで今回は『【顔画像】韓国ミルク姫の名前の由来とは?インスタ動画も調査!』について記事を書いていきたい思います。

関連記事はこちら ↓ ↓ ↓

ユチョンとファンハナ交際期間は?別れた理由と麻薬の関係がヤバい!

ユチョンはファンハナに薬を勧めたの?出国禁止&家宅捜索でクロ確定?

【画像】ファンハナは性格が悪い?過去にも麻薬投薬で警察沙汰に!

陰性なのに…ユチョン精密検査の理由は?除毛や染毛で証拠隠滅の疑いか?

【顔画像】韓国ミルク姫の名前の由来とは?

ミルク姫の顔は悪い女性ですけどかわいいと話題です。

そんなミルク姫の本名と名前の由来についてリサーチしました。

本名はファン・ハナです。

名前の由来は祖父が韓国大手の乳業メーカーであることからこの通称ネームがつけられたようです。

ただ、やってしまったことが薬物ということで、世の中に名前と薬物で逮捕と悪いイメージが広がってしまいました。

そんな悪いことをしてしまったミルク姫ですが、それでも顔が可愛いとネット上では話題です!

スポンサーリンク

【顔画像】韓国ミルク姫のインスタ動画も調査!

ミルク姫のかわいい顔画像

ミルク姫ことファン・ハナ1

ミルク姫ことファン・ハナ2

ミルク姫ことファン・ハナ3

ミルク姫ことファン・ハナ4

ミルク姫ことファン・ハナ5

スポンサーリンク

ミルク姫のかわいい画像&動画

View this post on Instagram

#이태원 요 강아지 분양받고싶어요💕💕#샤샤

하루애 비지니스 계정さん(@shinebright_love0225)がシェアした投稿 –

View this post on Instagram

얼굴 점빼구 스티커 쩜쩜😄

하루애 비지니스 계정さん(@shinebright_love0225)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク

ミルク姫ファン・ハナの今回の事件の概要

それでは、記事から今回の事件の概要についてみてみましょう!

引用:https://fnnews.jp/archives/4653

ファン・ハナが過去のインスタグラムに投稿した写真。左にはCNBLUEのイ・ジョンヒョン、右には元FTISLANDのチェ・ジョンフンが映っている。

麻薬使用容疑のファン・ハナ、過去インスタにトップクラスの韓流スターらが
麻薬使用の容疑で逮捕された“ミルク姫”、ファン・ハナが「知人の芸能人A氏の勧めで、麻薬を続けることになった」と供述しその芸能人に注目が集まる中、ファン氏がインスタグラに投稿した過去の写真に登場する知人らにも関心が集中している


韓国メディアによると、ファン氏は警察の取調べで「寝るときに知人の芸能人A氏が強制的に麻薬を投薬した」と供述したという。またスンリの売春斡旋疑惑で知られたクラブ・バーニングサンがファン氏の行きつけで、普段からトップクラスの韓流スターらと親交があったため、警察の捜査が芸能界まで拡大されていると報じた。


実際にファン氏は、過去のインスタグラムにバーニングサンで遊ぶ様子を盛り込んだ動画を投稿したり、麻薬使用容疑で捜査を受けているバーニングサンの社長と一緒に撮った写真を残した。


引用:https://fnnews.jp/archives/4653

このように韓国の芸能界や財閥3世で麻薬が広がってる可能性があるということで韓国内では大騒ぎになっているそうです。

財閥3世の麻薬関連事件:

SKグループ創業者の孫・チェ氏が麻薬吸引の疑いで逮捕され、尿検査で麻薬の陽性反応が出た事件

ヒュンダイ(現代)グループ3世のチョン氏(34)が麻薬類管理に関する法律を違反した事実

スポンサーリンク

ミルク姫ファン・ハナの犯罪歴は今回だけ?

それでは、このミルク姫ファン・ハナは過去にも犯罪を犯したことがあるのでしょうか?

ファンハナが過去に麻薬・投薬の関係で警察沙汰になっていたのは2回!

まず、1回目は2011年に「麻薬類管理に関する法律違反 」で起訴猶予処分になったこと。

これは2009年の12月半ばにファンハナが知人たちと狎鴎亭(アックジョン)近くに駐車した車の中で大麻を喫煙したということでその様になったとの事実。

しかし、不可解なことにこのときはファンハナにかぎり、処罰をされなかったこと、また、召喚調査さえも一度もなかったそうです。

これは大甘捜査疑惑まで提起され、論議が起こっていたとのことです。理由はファンハナが南陽乳業の創業者の孫娘であったこと。

それによって検察と警察による財閥家に対してあきらかにおかしな対応していたからということです。

そして、2回目は2016年1月8日にソウル中央地方裁判所は、大学生のチョ被告に対し、ヒロポンを数回投薬したほか売買した容疑で、懲役2年6月、執行猶予3年を言い渡したということ。

判決文にはチョ氏がファン・ハナと一緒に麻薬を投薬したという内容でした。

そのとき、ファン・ハナの名前が8回もあがっていたそうです。

これは2015年9月中旬ごろに韓国ソウル・江南のある場所で起きたこと。

チョ被告はファン・ハナ氏からヒロポン0.5gが入っているビニール袋を受け取りました。

、ファン・ハナが指定した麻薬の売人名義の口座に30万ウォンを送金したということです。

ここでは2人がヒロポンを一緒に投薬したことも確認されたそうです。

ここでびっくりしたのがファン・ハナが3回にわたってヒロポンを 使い捨て用の注射器に入れ、ミネラルウオーターでうすめてからチョ被告の腕に注射したということ。

このあと、さらにおどろいたのはファンハナが1億ウォン(約1000万円)の口止め料を払って警察の捜査の手から逃れたということです。

スポンサーリンク

まとめ

ミルク姫ことファン・ハナさん。インスタなどを見ている限り薬物などに手を出してしまうような感じには見えませんでした。

それでも、今回の件が初めてでもないことから色々な重圧やプライドかなにかあったのでしょうか。

今回の財閥の創業者の3世の問題が韓国では大きな社会問題となっているようです。罪をしっかりと償って更生してほしいですね。

以上、『【顔画像】韓国ミルク姫の名前の由来とは?インスタ動画も調査!』でした。

最後まで読んで頂きどうもありがとうございました。

コメントを残す